2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水出しアイスコーヒー用コーヒーパック、販売しています。

暖かくなってくると…
暑くなってくると人気の
「水出しアイスコーヒー用コーヒーパック」。

ご注文頂くような季節になりました。
(実際は一年中承っていますけどねっ!。)

手軽にアイスコーヒーを楽しめますので、ぜひお試しくださいませ。

25g×6袋入り ¥1150

いつもありがとうございます。



過去の記事もご覧ください。→ 







スポンサーサイト

明日は「コーヒーゼリー」あります。

冬の間お休みしていました「グラニテ・コーヒーゼリー」。
春になりましたので、明日から再開いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
New コーヒーゼリー グラニテ

メジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、スズメ、ツグミ。

写真がないのが残念ですが、

タイトルは、我が家の庭に来ている鳥たちの名前です。

大自然の中に身を置いて、鳥を見てみたいという思いにもなりますが、

このような住宅地だからこその鳥たちは、共に暮らしているという

身近さをかんじられることが楽しいです。

以前は当たりまえのようにたくさんいた「雀」達も、

今では『珍しい鳥』になっているようです。



変わってしまうことは多くありますが、

変わらない神さま(イエスさま)を見続け、

変えてはいけないことをしっかりと考えながら

与えられた一日を過ごしていきたいものです。

感謝、感謝。



2015年の営業が始まりました。

新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

10年経ったからこそ感じたことが、
こんなにも大きいなこととは思いませんでした。、
今年はその感謝を、いろいろな形で表していくことが
出来るようにと祈っています。

イベント事が苦手の当店では、
変わり映えのない毎日が繰り返されています。
忙しいからこそ、こんな場所でゆっくりと、
一杯のコーヒーを楽しむ時間を作ってください。
忙しい時こそ、手間を惜しまず作り続けている珈琲豆で、
一杯のコーヒーを淹れる楽しみを
おうちでも見つけてください。

お願いです。










入居者募集中?!。

住居鳥募集中! 
このタイトルにまたまた誤解(*)を受けそうですが…。
入居者は「鳥」限定です

2日の日、雅彦さんが焙煎機の大掃除をしている間に、
私はこちらの住まいのメンテナンスをしていました。
というのも、長いこと手入れをしていなかったこの物件をチェックされている
「シジュウカラさんご夫妻」を見かけてしまったからです。

数年前にも2~3度、内覧までされて物件をご覧下さったシジュウカラさんが
いらっしゃいましたが、結局ご入居はされませんでした。

この家を建てた頃に庭でシジュウカラを見かけ、その頃訪れた中軽井沢の
ピッキオでこの巣箱を購入して以来、シジュウカラさんにお住み頂くことが
私たちの願いなのです!。

シジュウカラさん、
掃除も終わりましたのでご入居お待ちいたしておりま~す。



*昨年末、「お休みはどちらか行かれるんですか?」と聞かれることしばしば。
その度に「時間も(お金の)余裕もありませ~ん!」とお答えしていました。
そして、『他に収入(家賃収入など)があると思っていた』と仰る方がいらっしゃって…びっくり!。
暇そうに見える店ですもの当然と言えば当然、
そして、我が家の姓はこの辺りでは誤解されることも然りなのですが。
しかし、皆さんの前でお見せしているこの仕事だけが我が家の全てでございます。
どうぞ誤解なさいませんように。
シジュウカラさんからも賃貸料はいただけないと思いますし…






営業前の初仕事。(営業は7日からです)

年初めの焙煎機掃除1

年初めの焙煎機掃除2 

マスター雅彦さん、毎年恒例の焙煎機掃除が始まりました。

昨年頭をぶつけたということで、今年はヘルメット付です。

土木工事か、なんとか闘争か…少々怪しい出で立ちです。

しかしこの作業なくしてはコーヒーの焙煎はできませんので、

いつも気合いを入れてやりながら、終わるとホッとひと安心です。

「味を作る」ことが、ここから始まります。



裏方の仕事をわざわざお見せすることもありませんが、

今年はいろいろな意味で気負わずに、

普段の姿をお見せするのもいいのかと思い、

やはり、マスター雅彦さんのこの作業からお見せいたします。

10年営んだことで、ようやく少し、肩の力が抜けたようです。













2015年の始まりです。

Cross 
新しい年が始まりました。


得られた恵みがあふれでるように。

心豊かになるような一杯のコーヒーを目指して、

今年も夫婦二人で努めて参ります。

何卒よろしくお願いいたします。

cafeBLESSme

*この十字架も先月27日に紹介いたしましたYoshikoさんの作品。




オリーブの10年目。

2014 オリーブの収穫
10年前、開店のお祝いにと母(Masahikoさんの)が買ってくれたオリーブの木。
3年位は鉢植えにして育てていましたが、枯れはしませんが、大きくも成長せず…。
そこで思い切って私が店の角に地植えにしてみました。
庭師さんに「数年で大きくなりますよー。(この場所でよかったんですか?)」と
言われた時は「えっ!?」
仰る通り、1~2年経つとすくすくと大きくなり、今に至っています。
さほど多くはありませんが、今年はオリーブの実を約1kg程収穫できました。
枝も豊富にあるので、教会のアドベントのろうそく周りを飾るのに使ってみようかと思わされ、
毎週取り替えることが出来るほどたくさん切っても大丈夫でした。

あふれる主の恵みを、新しい年にも十分に味わい、多くの方々と分かち合えることを
願っています。
2014.12.31 今年最後のコーヒー 
30日、31日共に忙しくさせていただきました。
ありがたいことです。感謝、感謝。

閉店後、今年最後の一杯は2014年のブレンドを。
ご来店くださった多くの方を思い、祈りを捧げ、
これから出会う方に期待して…。

最後になりましたが、このブログを見続けてくださっている方々にも、
ありがとうございます!。



自分のために「珈琲の贈りもの」。

2008年、開店4周年を記念して、オリジナル珈琲ボックスを販売いたしました。

仕様を少しづつ変えながら、数えるところ今年で7回目。

今年、数名のお客様から(ラッピングを眺めながら…)「自分のために欲しいですね~」と言われました。

そうそう!このオリジナル珈琲ボックスは、『ご自分へのプレゼントと思ってご購入下さい』と

いう思いで作り始めたのです。

お客さまのひと言で思い出させられました。

普段当店のコーヒーを上がってくださっているお客さまだからと思い、

看板商品ののブレスミーブレンドはあえて入れず、このために特別に選んだ銘柄を焙煎していました。

(もちろん「贈りもの」にお使いくださることも考慮しながら…。)

2012年、2013年、2014年はブレンドを作りました。

聖書のみことばからイメージして、それぞれ「聖なる夜の羊飼い」「泉」「光」と名前を付けて。



しかし、初心…忘れてしまうものなんですね。

このように思い出させてくださるお客さまがいてくださって感謝です。



因みに、今年はクリスマス飾りを53個程作ったようです。

飾りなしもありましたので、贈りものの数はもう少しあると思いますが。

本当にありがとうございました。

これからも、「贈りもの」「お土産」などに、是非当店のコーヒーお使いくださいませ。










「つぐみん(つぐみ)」今季初到来。

 焼きそばパンとたまご…ロール?

今季初めて、「つぐみん」(つぐみ)が来ました。  昨年1月16日の記事→こちら
嬉しくて嬉しくて!、パンをあげようとドアをそっと開けて庭に投げましたが、
それと同時に飛び立ってしまいました。 がっかりです。
作っている途中で慌ててパンの端をあげてしまったので、
出来上がった昼食は、すでに食べかけの様です

まどの外では、メジちゃんが(メジロ)みかんをついばんでいます。
窓の風景
いつも思うことですが…
このようなひとコマが、し・あ・わ・せです。











昭和20年代の木製椅子。

昭和20年代の木製椅子
                                             (12月7日)
かわいらしい木製の丸椅子を頂きました。
昭和20年代のもののようです。

今年の夏、お邪魔したIkutaさんのおうちで、
Masahikoさんと私が口を揃えて「この椅子いいですね~」と申し上げたことを
覚えていらっしゃってのことです。
*Ikutaさんの俳画集を店内に置いています。ご覧ください。
Ikuoおじいちゃんのミシンにぴったりです。

遠くに見える、壁掛け(壁に掛けていないけど)振り子時計。
これはMasahikoさんの両親の結婚のお祝いにご友人から頂いたもの。
時計の前は、Masahikoお坊ちゃま?がご幼少時代にお持ちになられたバスケット。
こう見ると、年代物が結構あるものです。

私たち自身も年代物になりつつありますが…












「贈りもの」全国へ。

贈りものの発送
今年も「贈りもの」のご依頼をいただいています。
ありがとうございます!。

クリスマスプレゼントに…ということで、多くの方が
「クリスマスブレンド」と「アニバーサリーブレンド」をお入れした詰め合わせ。
パーツは既製品ですが、私の組み立てしたクリスマス飾りをお付けしています。

無事到着して、一杯のコーヒーを楽しんでいただけますように…。








(ようやく)(まだ)「10年です」

当店の開店記念日を、そして私(Kaworu)の誕生日を覚えて、ご来店下さった方、
お電話くださった方、メールをくださった方にお礼を申し上げます。
本当にありがとうございます。
皆さまからの贈りものの恵み
 
かすかに、店の振り子時計のTokue-cyanが12時を知らせる音が聞こえてきます。

11年目を一緒に歩んでくださる方々を想像しながら… 今日が過ぎていきます。

新しい一日が始まりました。




不定期焙煎のちびっこ軍団。

ちびっこ軍団
不定期焙煎の銘柄は、小さな瓶に入れて並べています。
3個~4個並ぶことはありますが、6個は珍しいので一枚パチリ。
「中煎り・エチオピア」
「中深煎り・タンザニア」
「中深煎り・エチオピア」
「中深煎り・コスタリカ」
「中深煎り・ハワイ・マウイ・カツーラナチュラル」
「深煎り・ブルンジ」
上の棚の「本日のコーヒー15種類」になっていますが、この日は18種類!。
普段ないことなので、うっかり直し忘れました。

週明けにはないものもございます。ご容赦くださいませ。

ドリップコーヒーバッグの粉の量は「11g」です。

ドリップコーヒーバッグ 

ドリップコーヒーバッグ11g入

当店のドリップコーヒーバッグは、1個あたりコーヒーの粉の量11g。
『BLESS meのコーヒー(ドリップコーヒーバッグ)は、(粉の量が)多いのねぇ~!』
最近言われました。その方が普段お使いのものは7g入りとのこと。
そういえば以前少し調べましたが、7g入りや8g入りということが多いように思いました。
最近、『濃いコーヒーがお好きな方に…10g入り』という商品を見つけたくらいですので、
11g入りというのはやはり量が多いのでしょうか。

この商品を作るときに、粉の量をいろいろ試してみました。
BLESS meの味を楽しんでいただくために、
コーヒーの粉の量はたっぷりと!。 是非お試しください。

お湯に浸かるタイプのフィルターですので、浸ける時間によって濃さの調整が出来ます。


■アルミ蒸着個袋入り 1回分  ¥135~ 
■透明チャック袋入り 10回分 ¥1030~   
*銘柄により価格は変わります。

■フィルターのみも販売中 10枚入り¥150
コーヒーの粉とフィルターをそれぞれ買って、お好きな粉の量で淹れてみてくださいませ。




「ラクレットチーズトースト」

ラクレットチーズトースト 
『ラクレットチーズトースト ¥600』


軽食やお菓子のメニューの数が少ない当店。
(アレルギーの)私が試食できないといけないので、材料選びには時間がかかってしまいます。
 
2012年3月に登場したこの「ラクレットチーズトースト」も構想何年だったかしら。
このチーズに出会ってから数年間悩み、ペリカンのパンの厚みなどを考え、何度も試作しました。、

この機会に材料をご紹介いたします。
香りよい濃厚なチーズは、北海道「共働学舎」のラクレットチーズ 。 
もっちりとした食べ応えのあるパンは、浅草「ペリカン」の食パン。
ピクルスは、「讃陽食品」、香川県産きゅうりの「ジェニュインディルピクルス」 。 珍しい国産品です。
程よい酸味と歯触りのピクルスは箸休めにぴったり。
お好みで、挽きたて黒胡椒をお掛け下さい。(これにハマる人います!)

できるだけ余分な物(添加物)が入らない物や日本のよい農業のために国産品を使いたいと
私たちなりの地味な主張を、数少ないメニューの中で続けています。

どうぞお試しくださいませ。

以前の記事→2012年3月3日 




Yahoo!メール障害。

ヤフー内のハードウエアシステムトラブルにより、昨日午前中より、
当店でもメールの通信が出来なくなっています。

Yahooアドレスにご連絡くださっている方がいらっしゃいましたら、
大変申し訳ございませんが、お電話にてご連絡くださいますように
お願いいたします。  

cafe BLESS me



自家製 シュガーシロップ

シュガーシロップ 
「シロップがおいしいですね!」 と、
おっしゃって下さる方が時々いらっしゃいます。

「当店使用のシュガーシロップは自家製なんです」 
そのように、その都度申し上げてはいましたが、ブログ記事にはしていなかったような…。

■シュガーシロップの作り方■
<材料>
 ・グラニュー糖 500g
 ・水320㏄
<作り方>
 ミキサーで一旦水を撹拌した後グラニュー糖を入れ、再度4~5分撹拌。
 グラニュー糖が溶けたら、保存容器に移し替えます。
 白濁していた液体がしばらく置くと透明になります。
 *時間は目安です。機種によっても違うかもしれませんので、ご自身でご確認を。

簡単ですよね!。
シュガーシロップが変われば、飲み物の味も変わります。
当店のすっきりコーヒーには、このシロップがよく合うのです。


シュガーシロップ使用メニュー
アイスコーヒー(別添え)
アイスカフェオレ
コーヒーフロート
コーヒーゼリー(別添え) など



「あいててよかったぁ」

当店周辺は、GWと一緒で、この時期とても静かです。

大袈裟ではなく、本当に人が、車が通りません。

ということで、店は毎年お休みにしていたのですが、

今年は「豆売りのみの営業」でお店を開けました。

…やっぱり、静かです。

私は、掃除やオリーブの枝の剪定、花壇の草取りなどなど

いろいろやってからお店番です。



お昼頃に電話でご注文の方が、

「(開いてて)よかったぁ~」とおっしゃって下さったひと言に救われながら、

今も静かな時間を過ごしています。




本日は夜7時まで営業しています。

(ご連絡いただければ時間外でもお待ちしています)

明日は通常営業です。

Masahikoさんは、今朝も焙煎していました。

どうぞお越しくださいませ。






のんびりと、アイスコーヒー。

blog_import_5315752975e78.jpg  夏らしい暑さ到来!。

気忙しい毎日の中に、ホッとひと息。

お店のアイスコーヒーは、ご注文をいただいてから、 一杯づつていねいにお淹れします。

透明感のあるアイスコーヒー。

時にはのんびりと…いかがでしょう。



























ブルーベリージャムを作りましょう。

沼田からのブルーベリー 
Takakoさんが頼んで送って下さったブルーベリーが今年も届きました。

早速、ジャムに。

素材が良いと、作るときから本当に気持ちがいい。







旅する気分。

先日、人口100数十人の南の島に「珈琲の贈りもの」をお送りしました。

雨の影響が気になります。

船が出なければ荷物は遅れます。

島の人は慣れているみたいですが・・・。

荷物の送り先が島の時は、

普段天候を気にしない私でも特に気になって、

何だかわたし自身もコーヒー豆と一緒に旅してる気分です。











水出しアイスコーヒー用コーヒーパック

水出しアイスコーヒー用コーヒーパック 
常温のお水にコーヒーパックを入れて、冷蔵庫で十数時間。
アイスコーヒーが出来上がります。

味はコーヒー豆で決まります

素材の生豆が良質であることが大切であり、
焙煎が適正にされていることが大切であり、
鮮度の良さが大切であり…
大切なポイントをつかめば、
おいしいものは結構簡単に出来るものです。
幸せですね。

冷蔵庫に入れている時間が待ち遠しいのですが、
暑い夏に熱いお湯を沸かさなくてもできる手軽さが好評です。


■水出しアイスコーヒー用コーヒーパック  25g×6パック ¥1150


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

挽きたてを袋詰めしてお作りしますので、少々お時間をいただくことも
ございます。  お早めにお声をお掛け下されば、お待たせしなくても
済むかと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。






コーヒーで胸焼けしますか?

庭の緑とともに…

よいコーヒー」とは、欠点豆のない良質な生豆に
適正な焙煎を施し、煎り豆が新鮮なうちに正しく粉砕、
抽出されたコーヒーのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コーヒーに関してよくお聞きするひと言。
「コーヒーを飲むと胸焼けするんです。(…だから、紅茶なんです)」


わたしは胃が丈夫だからか、一度もそのような経験がありません。
(私自身はアレルギー体質ですので、体調を崩されると仰る方には
体が弱い方もいらっしゃるということは考慮しての発言です)


「どうぞよいコーヒーと出会い、今一度お試しください。」 



 




梱包サイズはきっちりと!。

cafeBLESSmeは自家焙煎のコーヒー豆売り店です。

焙煎後の鮮度のよいコーヒー豆を、

店頭で販売する他に、

全国どこへでも「クロネコヤマトの宅急便」にてお送りしています。


しかし、そのヤマト運輸さんより、この春から、

梱包サイズの厳守を通告されました!。

ということで、当店の荷物で一番多い、

3辺合計60cmの60サイズ(2kg以内)を作るときは必死です

だって、ドライバーさんが目の前でメジャー出してきっちり図るんですもの。

でも、結構きっちり好きの私としては、 嫌じゃなかったりして…。


中身に支障がないことが大前提ですが、

出来るだけお客さまお支払いの送料が高くならないようにと思っています。

ですから、こちらもきっちりやりますから、

(=^・^=)親猫が子猫を丁寧に運ぶように…、

ヤマトさんもきっちり丁寧に荷物を運んでくださいね!。

よろしくお願いしま~す!。 














「カフェを100年、続けるために」 

約3年前の2010年12月に出版された『カフェを100年、続けるために』。
カフェを100年、続けるために 
(田口護氏の技術本でない本は初めてとか…)
カフェを100年、続けるために 田口ご夫妻

カフェを100年、続けるために2 

”個人”カフェを始めるにあたって必要なことが書かれているのですが、
帯に書かれた言葉がとても素敵です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カフェを訪れるお客さまの理由は希薄で、迎えるこちらとでは温度差が
ある場合も多いと感じます。 しかし、そのような中からも豊かな関わりを
育んで 下さる方々も多くいらっしゃいます。
カウンターの中に立つことを選んだ者にとって、
自分の人生をそこに在り続けさせる、
訪れる方をもてなし続けることが自分のすべきこととして、
精一杯行っていく。
そのような営みがあってもいいと思っています。
 

この本には当店も掲載されています。
「Cafe&Restaurant 5月号」(2009年・旭屋出版)に掲載された
内容を要約しています。
カフェを100年、続けるために (田島)
店内にございますので、どうぞご覧なってくださいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この本が出版されたのは2010年。
ブログでご紹介しようと、2011年の年が明けた頃に記事を書いていました。
しかし、アップしないうちに…3月11日の大震災。
それから書けなくなってしまいました。
3年経ってようやくブログに載せることが出来るようになるとは!。
当店にとっての10年目は変化の年になりそうな気がします。



「コーヒー おいしさの方程式」 セミナー

コーヒーおいしさの方程式 
昨日は、珈琲屋としての勉強会。
場所はバッハコーヒーのトレーニングセンターにて。
写真の「コーヒー おいしさの方程式」刊行記念のセミナーです。

講師は著者の、カフェバッハ店主・田口護氏(Cafe Bach ブログ「HOT」)と
滋賀医科大学講師・旦部幸博氏(百珈苑 、百珈苑ブログ)のお二人です。 


田口護氏の元で焙煎技術を学び、現在もコーヒー全般学んでおりますので、
身びいきに取られかねませんが、コーヒーについてこれだけ広い視野で
将来を見据えて歩まれた方もそう多くはいらっしゃらないのではないでしょうか。
どの分野でもいえることでしょうが、その方の努力が、本当に必要としている人
たちのためなのかどうか…わかるものです。 
旦部氏には初めてお会いしましたが、科学者としての賜物があってこそな
のか、本業以外でもこれだけ深い知識をお持ちということに、ただ驚くばかり
です。 お二人ともGeneralist ゼネラリスト!。 
 
学び終わった頃感じたことは、「難しくてすぐには理解できないけれど、
わからないなりにも、わくわくして、結果的には前向きになれた」セミナー
でした。 私にとっては!。


「技術者と科学者」のお二方が書かれた本を読み、
ふと私は、私たち夫婦は何なんだろうと考えました。
私たちは、コーヒーを召し上がる方々に直接接している、
その役割をもっと理解しなくてはいけません。
私たちのやるべきことは、召し上がる方にとっておいしいと感じ、
喜んでいただけるよいコーヒーをお出しすること、そのことに尽きます。 
そして、それが私たちの喜びとなること。

生産者と消費国の焙煎屋が相互に行き来する時代です。
私たちのような焙煎屋は消費者の感想を一番聞いている存在ですから、
生産者に伝える必要があります。
それでこそ、よいコーヒー豆が生産され、よいコーヒーを口にすることが
出来るのです。

From Seed  to Cup (種子からカップまで)

どの分野でもSpecialistはいます。
私たちも、お客さまに届くまでの間の一旦を担えれば幸いと心より願って
います。そのためにもこれからも続く学びを大切に…。
(本当は勉強嫌いな私ですが





自家製ジャム 「甘夏のマーマレード」

甘夏のマーマレード 

防腐剤、ワックス未使用の甘夏が手に入りましたので、

早速「マーマレード」を作りました。

バタートーストのお共に、どうぞご指名くださいませ。 (+¥50)






旧ブログのお引っ越し。

gooブログの記事(2005.8.11~2009.4.1)を
現在のFC2ブログにお引越ししました。

3月10日で「gooメール(無料版)」が終了というお知らせを、
「gooブログ(無料版)」が終了?!」とかんつがい…。
慌ててブログの引っ越し作業を行い、
終了してから勘違いに気付きました!。
まぁ、これで今までの記事を全部通してご覧いただけるので、
よしといたしましょう。

2005年(開店の翌年)に、おやじさんに勧められ…というか、
『作ってみましたからやってみてください。
お客さまに見てもらえるようになったら公開したらいいですよ。』と、
(勝手に)準備してくださいました
「あたしにはできないよぉー」と言いながら始めたこのブログも9年、
途中、記事薄な時期もありますが、 これもおやじさんとの思い出。
感謝しながら拙い記事を綴っております。

他の方法には全く興味はありませんので(F・・・book、他)、
これからもこのスタイルで行きます。
どうぞお付き合いくださいませ。  
 

追伸:
2005.8.11付、一番初めの記事を見ると…ちょっと若い?!。→こちら












自家製3点 りんごジャムといちごジャム、そして珈琲ミルクジャム。

2014.2 りんごジャム 
先日作りました「りんごジャム」。


いちごジャム 
一昨日は、頼んでおいた小粒のいちごが少しですが入ったので、
「いちごジャム」を作りました。

当店のジャムは自家製です。
種類はその時々で変わります。

開店当初のみ、近辺で買い求められるものの中でも品質的に気に入った
長野県の会社が作っているイチゴジャムを使っていた時期もありました。
しかし、自家製のものをお出ししたいと思っていましたので、ずっと主人の
母が作っていましたが、実は最近のものは私が作っています。
昨年は「ブルーベリー」や「ラズベリー」など。
ようやく「いちご」の季節です。 


コーヒーミルクジャム
こちらは「珈琲ミルクジャム」。

当店の深煎りのコーヒーを濃いめに抽出したものをベースに、
牛乳と生クリーム、砂糖を加えて作ったもの。

ブログ未発表の「お菓子なトースト¥400」にこのジャムは使われています。
どうぞお召し上がりくださいませ。



「りんごジャム」「いちごジャム」「珈琲ミルクジャム」の3点は、
バタートーストにそれぞれ¥50でお付けしています。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。