2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jesus the Light of the World イエスは世の光

灯台 ヨハネ8:12   

I am the light of the world.

Whoever follows me will never walk in darkness,
 
but  will have the light of life.             John8:12

わたしは、世の光です。
わたしに従う者は、決して闇の中を歩むことがなく、
いのちの光を持つのです。  ヨハネによる福音書8章:12節
*「わたし」は、イエス・キリストです。



この灯台型をした置物は、5~6年前にカナダ人の友人が
カナダから持ってきてくれました。
一筋の光を見つけられずに暗闇の中を歩んでいる方を覚え、
今改めて、この みことば に思いを巡らしています。







スポンサーサイト

Happy Easter!

2014.4.10 忘れな草  

Happy Easter!

イエスさまのよみがえりを信じて。




3月23日、30日の洗礼式を覚えて。

2014.3.30 受洗のお祝いに 
3月は、日曜日の礼拝に、
2週続けて「洗礼式」がありました。

神さまを知り、信じるのに、年齢は全く関係ない、
その方にとって一番良きときに、
神さまはその恵みをあらわしてくださるということを
見させていただきました。

本当に感動的な洗礼式でした。
立ち会うことができ、感謝です。

そして、4月20日のEster。
身近の方でお二人、洗礼を受けます。
カナダ在住の10歳の女の子、そして、日本在住51歳の男性。

神さまの恵みとあわれみによって救われたこの方々に
大いなる祝福がありますように。



私達はプロテスタント教会に集うクリスチャンです。
キリスト教を基にした新興宗教が多数存在します。
ご注意ください。





本日のみ言葉。




あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。
そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。
旧約聖書 箴言3:6(新改訳)




“新共同訳”でもう一度
心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず
常に主を覚えてあなたの道を歩け。
そうすれば、主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。
旧約聖書 箴言3:5〜6



images
聖書を読むための日毎のガイドブックです。
本日のタイトルは「リンカーンに学ぶ」。
リンカーンの生誕200年の記念日だそうです。

聖書&デイリーブレッドは店内に置いています。
ご覧くださいませ。



本当のクリスマス。


一昨年の記事
そして、昨年の記事をもう一度・・・。

本当の“クリスマス”をお届けしたい。







♪きよしこの夜


きよしこの夜 星はひかり

救いの御子(みこ)は まぶねの中に

ねむりたもう いとやすく



きよしこの夜 み告げうけし

牧人(まきびと)達は 御子の御前に

ぬかずきぬ かしこみて



きよしこの夜 御子の笑みに

めぐみのみ代の あしたのひかり

かがやけり ほがらかに








今週初めの14日の日曜礼拝は、一年に一度、
この時期恒例の映画(映像)鑑賞でした。

「とっておきの賛美歌物語」(DVD)
―世界中で愛され、歌われてきた5つの賛美歌の誕生秘話―
「やすけさは川のごとく」(賛美歌520番)
「きよしこの夜」(賛美歌109番)
「輝く日を仰ぐとき」(聖歌480番)
「いつくしみ深き」(賛美歌312番)
「アメイジング グレイス」(聖歌229番)


教会に行ったことのある方もない方も、きっと一度は耳にされたことのある曲が
含まれていると思います。
このような賛美歌は、クリスチャンでない方でも歌うことがあると思いますが、
ただ歌う、特に歌うことが好きな方にとっては、
気持ちよく歌うだけということにもなりがちです。
しかし、クリスチャンにとって賛美歌は、神を賛美するための歌として、
私は「祈り」ではないかと思い、いつも歌っています。

言葉ひとつひとつに込められた神への祈り、
そのメロディーに込められた祈り。
先日のDVDの映像を通して、
賛美歌は人の心の中から生まれたものというわけではなく、
神ご自身から、神を崇めるため、賛美するために
与えられた歌であるというように深く思わされました。

この「クリスマス」という出来事も、
神から私達に、救い主としての御子イエスが与えられたのだと思うとき、
再び、神の深いあわれみと恵みを感じます。







暗闇を歩んでいると感じる方が、
どうか希望の光を見ることが出来るようにと
日々祈っています。



The Advent Season 2008


今年のアドベント(待降節)は11月30日からでした。

教会も当店もクリスマスの装いです。





「Christmas」




クリスマスが、
恵まれた時となるように
祈っています。



*2006

*2007

詩篇8篇。








あなたの指のわざである天を見、

あなたが整えられた月や星を見ますのに、

人とは、何者なのでしょう。

あなたがこれを心に留められるとは。

人の子とは、何者なのでしょう。

あなたがこれを顧みられるとは。

あなたは、人を、神よりいくらか劣るものとし、

これに栄光と誉れの冠をかぶられました。

あなたの御手(みて)の多くのわざを人に治めさせ、

万物を彼の足の下に置かれました。

すべて、羊も牛も、また、野の獣も、

空の鳥、海の魚、魚路を通うものも。

私たちの主、主よ。

あなたの御名(みな)は全地にわたり、

なんと力強いことでしょう。




新改訳聖書 詩篇8篇より。


Happy Easter.


イエスは言われた。
「わたしは、よみがえりです。いのちです。
わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。
このことを信じますか。」
ヨハネの福音書11章25節〜26節


God Bless You at this Easter Time.



Jesus said to her,
“I am the resurrection and the life.
He who believes in me will live,even though he dies;
and whoever lives and believes in me will never die.
Do you believe this?”


2008年1月第2主日礼拝。

招きのことば

イザヤ書56章6〜7節
また、主に連なって主に仕え、主の名を愛して、そのしもべとなった外国人みな、
安息日を守ってこれを汚さず、わたしの契約を堅く保つなら、
わたしは彼らを、わたしの聖なる山に連れて行き、わたしの
祈りの家で彼らを楽しませる。
彼らの全焼のいけにえやその他のいけにえは、わたしの祭壇の上で受け入れられる。
わたしの家は、すべての民の祈りの家と呼ばれるからだ。

マタイの福音書3章2節(教会学校)
悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。




新年礼拝。

2008年初めての礼拝。

<招きのことば>

しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、
鷲のように翼をかって上ることができる。
走ってもたゆまず、歩いても疲れない。
イザヤ書40章31節



以前からお話ししていますが、私たちはクリスチャンとして
日曜日は教会で礼拝をささげています。

その礼拝の中での聖書の言葉や讃美歌などをこれから少しづつ紹介したいと思います。

Merry Christmas!




Merry Christmas!


神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。
それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
ヨハネの福音書3章16節




皆さまに“本当のクリスマス”の素晴らしさを是非味わって欲しいと願っています。
  今日一日、それぞれの場所で、
与えられた仕事や学びに精一杯勤しむことが出来ますように、
心よりお祈り申し上げます。
私もこれからお仕事です




2007 クリスマスイブ 燭火礼拝


夕方、クリスマス・イブの燭火礼拝に出席。



礼拝後には、数件のお宅に伺いキャロリング。
images


教会に戻ると美味しいお食事が用意されています。
images
それぞれ賜物を活かしての演奏会も始まり・・・
images
実は、KaworunもMasahikoさん、
JUNさん&Oクサナさんと出演いたしました

終ってすぐに来年に向けての準備に取り掛かることを誓った4人組でした





2007 クリスマス礼拝。

ルカの福音書2章:8〜12節

さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。
 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、
彼らはひどく恐れた。
 御使いは彼らに言った。
「恐れることはありません。今、私はこの民全体の
ための
すばらしい喜びを知らせに来たのです。
 
きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。
この方こそ主キリストです。

あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。
これが、あなたがたのためのしるしです。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

images
今日はいつも行っている教会で、
教会学校の子供たちによる降誕劇を観ることができました。
ひとりひとりそれぞれの役割を行なっています。
日毎に成長する子供たち・・・成長させてくださる神様に感謝です。





アドベント第3主日。

イザヤ書60章1節〜3節
1 起きよ。光を放て。
  あなたの光が来て、
  主の栄光があなたの上に輝いているからだ。
2 見よ。やみが地をおおい、
  暗やみが諸国の民をおおっている。
  しかし、あなたの上には主が輝き、
  その栄光があなたの上に現われる。
3 国々はあなたの光のうちに歩み、
  王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。





クリスマス・・・。


昨年のクリスマスの記事をもう一度振り返ってくださいませ。

12月10日
11日
13日
15日 
16日 
18日 
19日 
21日 
23日 
24日 
25日 
26日 
29日


For unto us a child is born. Isaiah9:6

ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。
ひとりの男の子が、私たちに与えられる。
主権はその肩にあり、
その名は「不思議な助言者、力ある神、
永遠の父、平和の君」と呼ばれる。



アドベント第2主日。

 ミカ書5章2〜4節
2 ベツレヘム・エフラテよ。
  あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、
  あなたがたのうちから、わたしたちのために、
  イスラエルの支配者になる者が出る。
  その出ることは、昔から、
  永遠の昔からの定めである。
3 それゆえ、産婦が子を産む時まで、
  彼らはそのままにしておかれる。
  彼の兄弟のほかの者は
  イスラエルの子らのもとに帰るようになる。
4 彼は立って、主の力と、
  彼の神、主の御名の威光によって群れを飼い、
  彼らは安らかに住まう。
  今や、彼の威力が地の果てまで及ぶからだ。


今日は、教会での礼拝後、いつものように食事を頂き、
その後に次の土曜日行なわれる「子供クリスマス会」の準備、
教会学校の子供達による降誕劇の衣装などの製作をお手伝い
しました。
久し振りの縫い物もなんとか役目を果たしました。
とっても楽しかったです。











アドベント第1主日。

イザヤ書9章2節、6〜7節
2 やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。
  死の陰の地に住んでいた者たちの上に
  光が照った。

6 ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。
  ひとりの男の子が、私たちに与えられる。
  主権はその肩にあり、
  その名は「不思議な助言者、力ある神、
  永遠の父、平和の君」と呼ばれる。
7 その主権は増し加わり、その平和は限りなく、
  ダビデの王座に着いて、その王国を治め、
  さばきと正義によってこれを堅く立て、
  これをささえる。今よりとこしえまで。
  万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。


  

愛がある




愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。
愛は神から出ているのです。
愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。
愛のない者に、神はわかりません。
なぜなら神は愛だからです。
神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、
いのちを得させてくださいました。
ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、
私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。
ここに愛があるのです。
愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、
私たちもまた互いに愛し合うべきです。

ヨハネの手紙第一4章7節〜11節
新改訳聖書(C)いのちのことば社






今日はバレンタインデー。
人から人への愛を示す日として、
多くの方がわくわくどきどき

でも、こんな時だからこそ、
誰からも愛されていない・・・、
愛する対象がいない・・・と
淋しい思いになってしまうこともあるでしょう。


本当の“愛”、変わらぬ“愛”を知ってください。
あなた自身が、神様に愛されていることを知ってください。




The Gift of Christmas. “平和の約束”



 images

平和の約束
聖書のみことば:ルカ2:8−15


神と私たちの主イエスを知ることによって、恵みと平安が、あなたがたの
上にますます豊かにされますように。 (?ペテロ1:2)


          


クリスマスになると、「地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。」

ということばがよく聞かれます。しかし、平和への願いは、時節に関わらず

心に留め続けるべきものです。世界の各地で悲劇が起こっています。

問題を抱えたり、窮地に立たされたりして悩む人もいます。

私たちはみんな、平和を願って祈っています。



 聖書は、平和を求める願いに応えています。使徒パウロはローマ人への手紙

5章1節で、神との平和を保つことは可能である、保証しています。

私たちのように罪深い反抗的な人たちでも、神の御子イエスを信仰することによって、

神と和解することができます(11節)。

 

自分の悩みを救い主に委ねることによって、心の平和を得ることも

できます(ピリピ4:6−7、?ペテロ5:7)。平和な人間関係もまた、可能になります。

使途パウロは、ローマ人への手紙12章18節で、

「自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。」と促しています。

人と人との和は、実現します。

何よりも素晴らしいことは、私たちの救い主、平和の君が再臨されたなら、

地球全体が平和になるということです。



いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。
(ルカ2:14)

という御使いのことばが成就されるように祈りましょう。

そして、平和を作る人になって模範を示しましょう。(VCG)


          


『デイリーブレッド』
クリスマス・エディション“クリスマスの贈りもの”より
RBCミニストリーズ許諾番号113006−001号

 

The Gift of Christmas. “仕事に戻る”



 images

荷仕事に戻る

聖書のことば:ルカ2:15−20


羊飼いたちは、見聞きしたことが、全部御使いの話のとおりだったので、
神をあがめ、賛美しながら帰っていった。 (ルカ2:20)



          


クリスマスのお祝いをした翌日、あなたは、「何」を持って学校や職場に

行きますか。心暖まるプレゼントやパーティーの思い出、

それとも、何か別のものでしょうか。

 私は、J・B・フィリップ氏が翻訳したルカ2章20節が好きです。

「羊飼いたちは、神をあがめ、賛美しながら仕事に戻ってゆきました。

彼らが見聞きしたことがすべて、御使いの話の通りだったからです。」

天の御使いから救い主の誕生を告げられてベツレヘムを訪れ、

飼葉おけにその赤ちゃんを見つけると、羊飼いは、赤ちゃんについての

喜ばしいニュースを伝えました。そして、すべてを終えた後、彼らが戻っていったのは、

羊のいる野原、つまりいつもの仕事場でした。

 彼らは最初のクリスマスを経験し、新しい何かを持ち帰りました。

それは神をたたえる心です。

周囲の状況は同じでも、彼ら自身は変えられていました。

救い主、キリストと出会ったからです。



 今年のクリスマス、聖書のみことばを通してキリストに出会ってみませんか。

キリストの降誕をしみじみと感謝する体験をしてみませんか。

「クリスマスはどうだった?」と聞かれたら、何と答えたいですか。

心の中にキリストが住んでいれば、すべてのことを喜び、神をあがめつつ、

嬉しいニュースをたずさえて学校や職場に戻ることができます。(DCM)


          


『デイリーブレッド』
クリスマス・エディション“クリスマスの贈りもの”より
RBCミニストリーズ許諾番号113006−001号

The Gift of Christmas. ルカの福音書2章15節〜20節


              images
           <ルカ福音書2章15節〜20節>


 御使いたちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼いたちは互いに話し合った。
「さあ、ベツレヘムに行って、主が私たちに知らせてくださったこの出来事を見てこよう。」
 そして急いで行って、マリヤとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみどりごを探し当てた。
 それを見たとき、羊飼いたちは、この幼子について告げられたことを知らせた。
 それを聞いた人たちはみな、羊飼いの話したことに驚いた。
 しかし、マリヤは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。
 羊飼いたちは、見聞きしたことが、全部御使いの話のとおりだったので、神をあがめ、
賛美しながら帰って行った。



             新改訳聖書(C)いのちのことば社

The Gift of Christmas, マタイの福音書1章18節〜25節


                 <マタイの福音書1章18節〜25節>


  イエス・キリストの誕生は次のようであった。その母マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった。
 夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた。
 彼がこのことを思い巡らしているとき、主の使いが夢に現われて言った。
「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。
 マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。
 このすべての出来事は、主が預言者を通して言われたことが成就するためであった。
 「見よ。処女がみごもっている。そして、男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)
 ヨセフは眠りからさめ、主の使いに命じられたとおりにして、その妻を迎え入れ、
 そして、子どもが生まれるまで彼女を知ることがなく、その子どもの名をイエスとつけた。




                     新改訳聖書(C)いのちのことば社









                     当ブログをご覧下さっている皆さま


         コーヒー屋のブログと思い、覗かれた方は少し驚かれるかもしれませんね。
               「クリスマス」や「聖書」のことばかりの12月でしたから。

            でも、“本当のクリスマス”をひとりでも多くの方にお伝えしたい、
            これが私たちの・・・cafeBLESSme
の思いなものですから、
             その思いを汲み取ってくださりお付合いくださいました方々に
                         感謝申し上げます。
                              (・・・ と言っても、実はまだクリスマス記事は続きます。)


          当店は、cafeBLESSme(カフェブレスミー)と店名をつけていますが、
                   旧約聖書の「歴代誌? 4章10節」の中にある
              「Bless me, God.・・・」という言葉からとったものです。
   


                        神様、祝福してください・・・ 
       祝福されたこころをもって、当店を訪れてくださった方々に接したいという私たちの願い

                        神様、祝福してください・・ 
       当店に触れてくださった方々それぞれのことばとなって欲しいという神様の思い

                  店に名前を付ける時はとても悩みましたが、
             今はこの名前に決めたことを本当によかったと思いますし、
                 すべて神様の導きによるところだと信じています。





                      ところで、いかがでしたでしょうか。
        あなたの生活の中で、今年は本当のクリスマスの意味を知っていただけたでしょうか。

                 いつか皆さんと、神様からの大きな恵みをともに喜び、
                  分かち合える時がくることを楽しみにしています。

               



    突然ですが・・・きのうのデザート
     〔37さん特製フルーツタルト〕
          images
クリスマスイヴの礼拝後、コンサート、お食事会などで
夜帰宅した私たちに、37さん&708さんからのプレゼント
いちご大福に続く第2弾です!
お、おいしかった〜!37さ〜んありがとー!
次は何かなぁ

The Gift of Christmas. ルカの福音書2章1節〜15節


              images
           <ルカ福音書2章1節〜15節>


 そのころ、全世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストから出た。
 これは、クレニオがシリヤの総督であったときの最初の住民登録であった。
 それで、人々はみな、登録のために、それぞれ自分の町に向って行った。
 ヨセフもガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ
上って行った。彼は、ダビデの家系であり血筋でもあったので、
 身重になっているいいなずけの妻マリヤもいっしょに登録するためであった。
 ところが、彼らがそこにいる間に、マリヤは月が満ちて、
 男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。宿屋には
彼らのいる場所がなかったからである。
  さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。
 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、
彼らはひどく恐れた。
 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体の
ための
すばらしい喜びを知らせに来たのです。
 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。
この方こそ主キリストです。

 あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。
これが、あなたがたのためのしるしです。」
 すると、たちまち、その御使いといっしょに、多くの天の軍勢が現われて、
神を賛美して言った。

  「いと高き所に、栄光が、神にあるように。
   地の上に、平和が、
   御心にかなう人々にあるように。」

 御使いたちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼いたちは互いに話し合った。
「さあ、ベツレヘムに行って、主が私たちに知らせてくださったこの出来事を見てこよう。」







             新改訳聖書(C)いのちのことば社


The Gift of Christmas. ヨハネの福音書3章16節


           images
        <ヨハネの福音書3章16節>


 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。
それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを
持つためである。


The Gift of Christmas. “重荷を負ってのクリスマス”



 images

重荷を負ってのクリスマス
聖書のみことば:ルカ4:14−21


主はわたしを遣わされた。捕われ人には赦免を、・・・告げるために。
しいたげられている人々を自由に(するために。)  −ルカ4:18−


          


ニューヨーク市のメトロポリタン美術館を12月に入ってから訪れ、

壮大なクリスマス・ツリーに見とれてしまいました。

天使の飾りに隙間なくおおわれ、その下には18世紀の作品である手の込んだ馬小屋の

情景が広がっていました。羊飼いや東方の博士たち、ベツレヘムの群衆など、


およそ200体の彫像は、期待に満ちてまぐさ桶を見つめているか、

畏敬に打たれて天使を眺めていました。しかし、素足で重い荷物を背負い

うつむいている男の像だけは違います。今日の多くの人がそうであるように、

あまりの苦悩にうちひしがれ、救世主が目に入らないのでしょう。
 

仕事や家庭に問題があったり、身近な人を失ったばかりという人にとって、

クリスマスはつらい季節です。しかし、失意に沈む人をひとり残らず救うために、

キリストは来られました。「貧しい人々に福音を宣べ伝えさせるために、

わたしたちを聖別してくださったからです。主はわたしをつかわして、囚人が

解放され、盲人の目が開かれることを告げ知らせ、打ちひしがれている者に

自由を得させ、主のめぐみの年を告げ知らせるのである」(口語訳ルカ4:18-19)

というイザヤの言葉を用いて、イエスはご自分の使命を宣言されました。


 私たちの重荷を担うために御子(みこ)が来てくださったので、

目を上げ喜んでお迎えするのです。(DCM)


          


『デイリーブレッド』
クリスマス・エディション“クリスマスの贈りもの”より
RBCミニストリーズ許諾番号113006−001号


The Gift of Christmas. ルカの福音書4章14節〜21節


              images
           <ルカ福音書4章14節〜21節>


 イエスは御霊の力を帯びてガリラヤに帰られた。すると、その評判が回り一帯に、
くまなく広まった。
 イエスは、彼らの会堂で教え、みなの人にあがめられた。
 それから、イエスはご自分の育ったナザレに行き、いつものとおり安息日に会堂
にはいり、朗読しようとして立たれた。
 すると、預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてある
所を見つけられた。
  「わたしの上に主の御霊がおられる。
   主が、貧しい人々に福音を伝えるようにと、
   わたしに油を注がれたのだから。
   主はわたしを遣わされた。
   捕われ人には赦免を、
   盲人には目の開かれることを告げるために。
   しいたげられている人々を自由にし、
   主の恵みの年を告げ知らせるために。」
 イエスは書を巻き、係りの者に渡してすわられた。会堂にいるみなの目がイエスに
注がれた。
 イエスは人々にこう言って、話し始められた。「きょう、聖書のみことばが、あなたがた
が聞いたとおり実現しました。」



             新改訳聖書(C)いのちのことば社


The Gift of Christmas. “クリスマスの話”



images

クリスマスの話

聖書のみことば:ピリピ2:6−9


ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです。(ピリピ2:7)


          


セーレン・キンケゴール(1813〜1855)の寓話は、このような言葉で始まります。

「身分の低い少女を愛した王がいました。」

彼は、どのようにしてその少女に愛を伝えればよいのでしょう。

彼女は王の愛に応えるかもしれませんが、その動機は恐れかもしれません。

王が本当に欲しいのは、ありのままの彼を愛する彼女の心です。


 少女の自由意志を奪わないように、彼は王としてではなく

身分を卑しくして彼女の前に立つことにしました。

王座を降りて王服を脱ぎ、みすぼらしい服に身を包みました。

これは変装ではありません。新しい人格を身につけたのです。

愛する人の心を勝ち取るために、奉公人としての暮らしに入りました。

これは大きな賭けです。少女は彼を愛するかもしれませんが、

軽蔑して追い返すかもしれません。


 この寓話は神が人間のためになさった行為を表しています。

私たちの主はご自身の身分を卑しくされました。

私たちの愛を勝ち取るためにです。

キリストは神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることは

できないとは考えないで、ご自分を無にして…
」(ピリピ2:5-7)

これがクリスマスの話です。

飼葉桶の中の神。そのような形であれば誰も恐れることがないと、

神はお考えになったのです。




 ここで質問です。あなたは、神を愛しますか。それとも軽蔑して追い返しますか。(DHR)


          


『デイリーブレッド』
クリスマス・エディション“クリスマスの贈りもの”より
RBCミニストリーズ許諾番号113006−001号


The Gift of Christmas. ピリピ人への手紙2章6節〜9節


              images
           <ピリピ人への手紙2章6節〜9節>


 キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることができないとは考えないで、
 ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです。
 キリストは人としての性質をもって現われ、自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死に
までも従われたのです。
 それゆえ、神はキリストを高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。




        新改訳聖書(C)いのちのことば社

The Gift of Christmas. ルカの福音書2章1節〜7節


              images
           <ルカ福音書2章1節〜7節>


 そのころ、全世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストから出た。
 これは、クレニオがシリヤの総督であったときの最初の住民登録であった。
 それで、人々はみな、登録のために、それぞれ自分の町に向って行った。
 ヨセフもガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ
上って行った。彼は、ダビデの家系であり血筋でもあったので、
 身重になっているいいなずけの妻マリヤもいっしょに登録するためであった。
 ところが、彼らがそこにいる間に、マリヤは月が満ちて、
 男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。宿屋には
彼らのいる場所がなかったからである。



             新改訳聖書(C)いのちのことば社


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。