2005-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一年、ありがとうございました。



今年一年本当にありがとうございました

皆様のお陰でcafeBLESSmeは支えられました。

来年は13日より営業を再開いたします。


よりよい珈琲をお届けできるように、新しい年も努力いたします。

応援、おねがいいたしま〜す!

MasahikoKaworu

関連記事
スポンサーサイト

マスター、検診。

今日、マスターは「検診」でした。
何の検診かは、あえて具体的には申し上げませんが・・・。
40歳を過ぎると、いろいろねぇ〜。

体の調子を整えることは、本当に大切なことだと思います。

うちの店は二人きりで営んでおりますので、
どちらかが体調を崩すと、もう片方にしわ寄せが行きます。
ですので、お互いに気をつけないといけません。
そういう私も、いろいろとチェックしないといけない年齢なのですが



今日、お越しのお客様には、マスターがいつもと違うなと気付かれたことと思います。
ご心配おかけいたしました。



ところで、結果は・・・、
「問題なし」とのことでした、よかったぁ〜。












関連記事

年明けの珈琲は?。

            

 これから冬のお休みに入られるお客様、

お休みの間ご自宅でお召し上がりの珈琲はご用意されましたか。 

当店は、31日まで営業いたします。

お待ち申し上げております。


            


*元旦から12日までお休みをいただく都合上、こちらの勝手で誠に申し訳ございませんが、
この4日間については、売り切れた銘柄は再度焙煎いたしませんので、
ご購入予定の方は、お早めにお買い求めいただきますように。
何卒よろしくお願いいたします
来年は13日から、また新鮮な珈琲をご用意してお待ちいたしております。



関連記事

Shampooさ〜ん!。

久し振りに、叫んじゃおぉー!。


Shampooさ〜ん、こんばんはぁ〜。


今月は(今週は)休まず営業いたします。
ご来店はまだのようでしたら、是非お越しくださいますように。



・・・って、Shampooさんがどこにお住まいかも知らないのに、
ちょっと無責任ですね


関連記事

アドベント(待降節) 〜救い主の誕生〜




いと高き所に、栄光が、神にあるように。

地の上に、平和が、御心にかなう人にあるように。

ルカ2:14




ヨセフとマリアは長い長い道のりを旅していました。
夕暮れが近づくころ、小さなベツレヘムの町に着きました。
二人はとても疲れていたので、町の家の明かりにほっとしました。

けれども、ベツレヘムの宿屋はどこも満員で、泊まれる部屋はありませんでした。
皇帝アウグストが人口調査を命じて、大勢の人々が集まっていたからです。
ヨセフとマリヤもそのために故郷ベツレヘムにやってきたのです。
二人がようやく落ち着けた場所は、ろばや羊や牛のために造られた
粗末な家畜小屋でした。

マリヤはここで男の赤ちゃんを産みました。
世界の王様、救い主のお誕生です!。
マリヤとヨセフは赤ちゃんを布でくるみ、
動物たちのえさを入れる飼い葉おけに寝かせました。

その夜、羊飼いたちがこの粗末な小屋を訪ねてきました。
御使いから救い主のお生まれを知らされ、町に駆けつけたあの羊飼いたちです。
彼らは、飼い葉おけの中ですやすやと眠る赤ちゃんを見た瞬間、
喜びにあふれました。
「御使いが、私たちにこの赤ちゃんのことを知らせてくれたのです」と、
羊飼いは周りの人々に語りました。

あのシメオンとアンナも、イエス様にお目にかかることができました。
それは、ヨセフとマリアが神様にささげものをするために、
イエス様を抱いてエルサレムの神殿に出かけた時のことでした。
シメオンとアンナはひと目見て、
その赤ちゃんこそが救い主だとわかりました。
二人は心から神様に感謝をささげました。

新しい王を拝むために、長い長い旅をしていた東の国の博士たちも、
とうとうイエス様にお会いすることができました。
東の国で見た不思議な星がまた現れて、博士たちをイエス様が
おられる家まで導いてくれたのです。
彼らは、世界の王様である男の子の前にひれ伏して、
黄金と乳香と没薬をささげました。

それから、ヘロデ王に知られないように、エルサレムを通らずに
東の国に帰っていきました。




神のひとり子であるイエス様は、ご自分を信じるすべての者を
罪と死から救うためにこの世に来られたのです。





関連記事

Merry Christmas!

Merry Christmas!

皆さんはどのようなクリスマスの時を過ごされましたか。


---------------------------------------------------------


クリスマスの季節は、大きな喜びとワクワクする期待に満たされています。
クリスマスの朝、子どもたちは、クリスマスの靴下や、美しいリボンと
ラッピングペーパーで包まれた贈り物に心を奪われます。
けれども、肝心の「クリスマスの恵み」に心を向けようとする努力は、
親が買って包んでおいたプレゼントや焼き上げたお菓子に、
かえって台なしにされてしまうのです。
私たち自身も時々、この季節のあわただしさの中で、
クリスマスを祝う本当の意味を見失ってしまいがちではないでしょうか。

クリスマスの季節、クリスマスについて思いを巡らし、
祈るための時間をとりましょう。
聖書のお話を読み、クリスマスの興奮や驚きと、
その真実な意味に思いを向けます。
大人も子どもたちも忙しい時代ですが、家族みんなで
そんなひとときを過ごせたら最高です。
子どもたちに(聖書の)お話を読み聞かせ、共に祈りましょう。
ひとりひとりの心の中に、家族とのあたたかい幸せな記憶が
刻まれることでしょう。
                 
(ある本からの抜粋)


--------------------------------------------------------



「クリスマス」は、神様からあなたへのプレゼントです。
救い主(Christ・キリスト)が生まれたのは、私たちひとりひとりのためなのです。
どんなに美しいリボンやラッピングペーパーで包まれた贈り物も見劣りしてしまうほど
光輝いている贈り物です。
聖書を開くと、本当の「クリスマス」について、書かれています。


Merry Christmas!



関連記事

Happy Birthday!

 


 御誕生おめでとう・・・イエスさま。




関連記事

アドベント(待降節) 〜夜中に羊飼いは〜


御使いは彼らに言った。

「恐れることはありません。

今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。

きょうダビデの町で、あなたがたのために、

救い主がお生まれになりました。この方こそキリストです。

ルカ2:10〜11




夜空は澄んでいて、羊飼いたちのはるか頭上に、星がきらきらと輝いていました。

ここはベツレヘム近くの野原。

羊の群れをねらう獣も見あたらず、静かな、美しい晩でした。
その時突然、パーッとまぶしい光が羊飼いたちを照らしました。

御使いが現れたのです。

驚く羊飼いたちに、御使いは言いました。
「恐れることはありません。私はよい知らせを持ってきたのです。
今日、ダビデの町で、救い主がお生まれになりました。
この方こそ、主キリストです。ベツレヘムの町で、飼い葉おけの中に
寝ている赤ちゃんがその方です。」
夜空に、たくさんの御使いが現れました。
御使いたちは声を合わせて、神を賛美しました。

「神様に栄光がありますように。地上に平和がありますように。」

御使いたちが天に帰ったあとも、羊飼いたちは我を忘れて空を見つめていました。
「救い主がお生まれになったそうだ。」
「なんてすばらしい知らせだろう。」
「行ってみようよ。」
「そうとも、救い主を拝みに行こう!」

羊飼いたちは、町に向かって駆け出しました。







関連記事

Happy Birthday! HAJIME-cyan,

 お誕生日おめでとうございます!、はじめちゃん。

東京からは少し離れたところで訓練中なので、あまりお会いは出来ませんが、
ブログにコメントをいただけたりしたら、きっと身近に感じることでしょう


これからも“相方”さんと仲良く、カフェブレスミーでお茶してくださいませ


関連記事

アドベント(待降節) 〜博士たちの旅〜



東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。

「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。

私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。

マタイ2:1〜2




関連記事

アドベント(待降節) 〜待ちつづけたシメオンとアンナ〜



エルサレムにシメオンという人がいた。

この人は正しい、敬虔な人で、イスラエルの慰められることを待ち望んでいた。

聖霊が彼の上にとどまっておられた。

また、主のキリストを見るまでは、決して死なないと、

聖霊のお告げを受けていた。

ルカ2:25〜26




関連記事

たまには・・・。


カーチャンガカエッテキタミタイ ノゾイテミヨ。

ジー・・・。

関連記事

追加いたしました。

過ぎた日に書き入れました。




関連記事

アドベント(待降節) 〜ヨセフとマリヤ〜  



ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。

その胎に宿っているものは聖霊によるのです。

マリヤは男の子を産みます。

その名をイエスとつけなさい。

この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。

マタイ1:20〜21


関連記事

アドベント(待降節) 〜バプテスマのヨハネの誕生〜



父ザカリヤは、聖霊に満たされて、預言して言った。

「ほめたたえよ。イスラエルの神である主を。主はその民を顧みて、購いをなし、

救いの角を、われらのために、しもべダビデの家に立てられた。・・・幼子よ。

あなたもまた、いと高き方の預言者と呼ばれよう。

主の御前に先立って行き、その道を備え、神の民に、

罪の赦しによる救いの知識を与えるためである」

ルカ1:67〜69、76,77




関連記事

年末年始のお休み。

cafeBLESSmeのお休み、ようやく発表いたします

年内は、通常のお休み以外休まず営業いたします。
25日、26日はお休み。27日〜31日は営業です。

年明けは、12日までお休みをいただき、13日(金)から営業再開いたします。
長〜いお休みだと思われるでしょうが、どこにも行きませんっ!
後半はほとんど、13日からお売りする珈琲を焙煎していると思います。
(きっと香りが漂うことでしょう〜)

そうそう、ですから、お正月用の珈琲のご用意を年末にはお忘れなく!。

よきクリスマスの時をお過ごしくださいませ




関連記事

アドベントツリー。


今年購入しました、アドベントツリーです。
クリスマスを待ち望みながら、天使や星などを
12月1日からひとつずつ、掛けました。
                                         
初めは上から掛けていくのか、下からなのかとしばらく悩みましたが、
クリスマスまでをカウントダウンする・・・ということで、下からにしようと
我が家の家族会議(?)で決定しそのようにいたしました

適当に掛けていってたのですが、途中地味な色が続いたり、色物が
続いたりで美しくないことに気付き、ちょっと直したりして。

ん〜、どうかなぁ。

全部掛け終わると・・・「JESUS IS BORN!」です。

関連記事

アドベント(待降節) 〜マリヤの歌〜



マリヤは言った。

「わがたましいは主をあがめ、わが霊は、わが救い主なる神をたたえます。

主はこの卑しいはしために目を留めてくださったからです。

ほんとうに、これから後、どの時代の人々も、わたしをしあわせ者と思うでしょう。

力ある方が、私に大きなことをしてくださいました。

その御名は聖く、そのあわれみは、主を恐れかしこむ者に、代々にわたって及びます。」

ルカ1:46〜50




関連記事

Stollen シュトレン。


「シュトレン」・・・。
私の中で、去年からかなり気になるものでした。
気になっているからか、最近よく目にしたり、耳にしたりします。

写真は、私たちのコーヒーの先生のお店「カフェバッハのシュトレン」です。
昨年始めて食べたのですが、それ以来私のお気に入りとなり、
今年は、自宅用、プレゼント用といっぱい買ってしまいました。

自宅用は一本では足りず、追加注文まで・・・

「シュトレン」はクリスマスのアドベント(待降節)に食べるお菓子(パン)です。
薄くスライスして食べるとか。
救い主イエス様が生まれた時の姿(布に包まれた乳飲み子)に似せている
そうです。
これが結構コーヒーに合って、なかなかいいんですよ




関連記事

アドベント(待降節) 〜マリヤへのガブリエルのメッセージ〜



こわがることはない。マリヤ。

あなたは神から恵を受けたのです。

ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。

名をイエスとつけなさい。

その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。

また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。

ルカ1:30〜32




関連記事

マコト フジムラ。

『マコト フジムラ』さんが、先週日曜日に当店にお越しくださいました。

マコトさんは3月以来の来日で、
今回は「マコト・フジムラ展 WorksForm2002-2005」の
開催のために来日されました。

開店一周年を迎えることの出来たcafeBLESSmeで
コーヒーを召し上がっていただくことができ、本当に嬉しかったです。


個展の会場は、
 12月3日(土)〜25日(日)
 潺(せん)画廊  世田谷区深沢6-4-12
           土日のみの開催
  あと2日間のみとなりましたが、是非足をお運びくださいませ。

関連記事

アドベント(待降節) 〜天使の訪問〜



ザカリヤ。あなたの願いが聞かれたのです。

あなたの妻エリザベツは男の子を産みます。

名をヨハネとつけなさい。

その子はあなたにとって喜びとなり楽しみとなり、

多くの人もその誕生を喜びます。

・・・彼こそ、エリヤの霊と力で主の前ぶれをし、父たちの心を子どもたちに向けさせ、

逆らう者を義人の心に立ち戻らせ、

こうして、整えられた民を主のために用意するのです。

ルカ1:13〜17





関連記事

一日の長さ。

一日が短い・・・
最近毎日そう思う。

ここ数週間、夕方になると「一日36時間あればいいのにね」なんて
言ってしまうくらいに一日が短く感じていたけど、
最近は「一日48時間あればいいのに・・・」なんて言っています
            48時間じゃぁ、2日じゃないかぁ〜!

でもそれって、やるべき仕事があるから感じられることかもしれない。
感謝、感謝。

神様の決められた「一日は24時間」、その時間を上手に使っていこう!。
                ・・・今はもう真夜中です。なさい。





関連記事

アドベント(待降節) 〜町の荒廃をこえて〜



まことに、万軍の主はこう仰せられる。

しばらくして、もう一度、わたしは天と地と、海と陸とを揺り動かす。

わたしは、全ての国々を揺り動かす。

全ての国々の宝物がもたらされ、わたしはこの宮を栄光で満たす。

ハガイ2:6〜7




関連記事

アドベント(待降節) 〜ダニエルの幻〜



私がまだ、夜の幻を見ていると、

見よ、人の子のような方が天の雲に乗って来られ、

年を経た方のもとに進み、その前に導かれた。

この方に、主権と光栄と国が与えられ、

諸民、諸国、諸国語の者たちがことごとく、

彼に仕えることになった。

その主権は永遠の主権で、過ぎ去ることがなく、

その国は滅びることがない。

ダニエル書7:13〜14


関連記事

コンタクト。

久々の「コンタクト」。
7年振り?。

着けた瞬間、世界が変わるのねぇ〜。
(いつも行っている眼科の先生のところで着けてみました。)

今どきのめがねは、レンズが小さいので、目を上下左右にぐるぐる動かすと、
見えないところがいっぱい。結構それには慣れてはいたけど・・・。
コンタクトだともちろんそんなことはないので、快適。
それに専門の先生の指導の下なので、ホント安心。(以前ちょっと懲りたことがありまして・・・)


今回は「ソフトコンタクト」(2週間で使い捨てタイプ)。
素材も以前使っていた「ハード」とは勿論違うし、
そのまた前に使っていた「ソフト」ともぜんぜん違う。
素材がやわらかくって、装着する際人差し指に乗せる・・・そのこと自体がちょっと大変でした。


めがね無しはホント久し振りで、きっと皆さんには見慣れない顔になるでしょうが、
今しばらくご辛抱を
(とは言いながら、今までと変わらず「めがね顔」という日も多いと思いますが)



関連記事

アドベント(待降節) 〜王様がいらっしゃる!〜



見よ。その日が来る。

−主の御告げ。−

その日、わたしは、ダビデに一つの正しい若枝を起こす。

彼は王となって治め、栄えて、この国に公義と正義を行う。

  エレミヤ書23:5


関連記事

アドベント(待降節) 〜小さな町ベツレヘム〜



ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、

あなたのうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る。

その出ることは、昔から、永遠の昔からの定めである。

   ミカ書5:2


関連記事

アドベント(待降節) 〜約束のみどりご〜



ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。

ひとりの男の子が、私たちに与えられる。

主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、

力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。

イザヤ書9:6



関連記事

今日はお休み。

今日は、第2月曜日ということでお店はお休みでした。

普段はなかなか出歩けないので、この月曜日のお休みは貴重です。
今日はちょっとお出掛けしてきました。

昨日、おとといとブログをお休みしてしまいましたが、また明日から
お店の様子など綴って行きたいと思います。

では今夜は・・・なさい。



 

関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。