2009-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年10月のお誕生日会。

 みー太郎
お誕生日おめでとうございます!。 

Saeponさ~ん!(14日)
蕎麦まーさ~ん!(18日)
T.Yurikoさ~ん!(22日)



お誕生日おめでとうございます。
恵み多き一年でありますように
こころよりお祈り申し上げます。 

P.S みー太郎のまなざしは、千葉の「〇〇渓谷」か、遥か遠くの「NewYork」か・・・。






関連記事
スポンサーサイト

隔月メニュー「ブルーマウンテンNo.1」(浅煎り)、焙煎いたしました。



隔月メニューは、数量限定ですので、
ご予約(お取り置き)も承っております。

ご予約いただきましたお客様、ありがとうございます。
ご来店をお待ちいたしております。



関連記事

See You Again, Mr.&Mrs.Taylor.

  
山羊1山羊2
山羊3
山羊4山羊5山羊6 
牛2牛1うさぎ草原 チーズフォンデュ2羊とMasahikoさん 
■蔵王酪農センターにて 

   ・
   ・
   ・
いきなりの写真とタイトルの関係は?・・・。
(今日の記事は長いので、そのおつもりで!)




仙台へ駅弁
昨年の9月、私たちは早起きして、電車に乗った。
仙台行きの新幹線上野発7時42分。
なぜこんなに早いのかというと、10時半からの礼拝に間に合わせる為。

1993年に私に洗礼を授けてくださった英国人宣教師テイラー師ご夫妻が、
宣教師団体を退職され、永年の日本での宣教の働きを終えるとのこと。
そして、次の春頃には英国に帰国されると聞いていて、どうしてもそれまでに
先生に会いたかったから。
そして、市川から仙台に移り住んだ大切な友人夫妻にも会いたかったから。

訪ねた先は、某大手企業によって開発された仙台市泉区内の住宅地。
とてもきれいな街並み。
パスポート無しでどこかの外国に行ったようだった。
迎えの車がテイラー先生の運転だったから、余計そのように思えたのだろう。
久し振りにお会いするテイラー先生ご夫妻は以前と変わらず、
私の大好きなお二人だった。
 日曜日の礼拝
現在、幼稚園の施設を使用しての日曜礼拝。
この日は近くの教会の牧師をお招きしてのメッセージ。


旅の目的は3つ。
ひとつはテイラー先生ご夫妻に会って共に礼拝を捧げるため。
ふたつは、市川での独身時代に特にお世話になった友人K山夫妻に会うため。  


K夫妻T夫妻cafe
↑K山夫妻      ↑私たち     ↑お薦めのカフェでひと休み。
積もる話は尽きず、訪ねたかったShop行きも止めて、
友人とのおしゃべりを取りました454
 
はっちゃん3 はっちゃん1
大急ぎでK山家の猫ちゃん「はっちゃん」にも会いました。
(確か正式な名前は「ハッピー」だったよね)
毛並みつやつや、りっぱなおしり。
仙台駅発の高速バスに乗るのに、地下鉄では間に合いそうにないので、
結局友人が仙台駅まで送ってくれ、次の目的地、蔵王町遠刈田温泉
に向うのです。
そこが旅の目的の3つ目。思い出の地。





十数年前のこと。
当時私は独身で独り暮らし。
30代を向かえ、これからどう生きて行ったらいいのか悩んでいた時期。
蔵王町遠刈田温泉。
そこには、私の母位の年齢のT北さんという方が住まわれていて、
2泊3日お世話になった。 
漠然と、どこかの田舎町に移り住みたい気持ちもあった私に、
「都会の不快さに負けないで、与えられた場所なり、職場なりで、
働かなければならないと思いますよ。時間を自分で作って、
さっと自然のある所に息抜きに出掛けられたらそれが一番だと
思いますよ。・・・中略・・・
両方の良さ(都会と田舎)を味わって、両方を感謝出来たら
一番幸せ・・・冬待ってますよ。」
当時の私にはぐっとくる言葉を、後日葉書きにしたため送ってくださった。
「冬待ってますよ」というひと言は、スキーを一緒にすることを
約束していたから。
しかし、この方はこの後体調を崩され、その葉書きの約一年後、
天国に召されて行った。

同じ信仰を持つ、人生の先輩からのその葉書きは今も大切な宝物。
「与えられた場所なり、職場なりで働かなければならないと思いますよ。
両方を感謝出来たら一番幸せ。」
この言葉は、何年も先の私を知っているかのような、今もこころに迫る言葉です。
Tさん宅
今は空き家になっているT北さんの家の前で記念撮影。


1泊目は先程のT北さんの家近くのペンションに泊まり、
2泊目は少し贅沢して。
宿 畑 露天風呂付き/敷地内で作られた野菜
トマトジュース 朝食しぼりたてのトマトジュース/朝食の風景
庭の散策 笹舟朝の散歩道


お土産
 旅館でチェックアウト時に作ってくださるおかき
帰りの切符旅の終わり





旅の話は終りましたが、テイラー先生とのお別れの話は続きます。

テイラー先生 礼拝 
今年3月、私の母教会でもある教会でのメッセージ。


そして、その翌日、当店を訪れてくださった。
オープン当初からいつか先生ご夫妻にお越し頂けることを
願っていたので、本当に嬉しかった。
にこやかな笑顔がいつも変わらないご夫妻。

テイラー先生ご夫妻と
テイラー先生ご夫妻 ベス先生のアルストロメリア 
テイラー先生ご夫妻2 Mr.&Mrs.Taylar  

そして、7月
1日にとうとう帰国。
正式な帰国日時を聞いていなかった私は、丁度その日、
仙台の友人K山さんに電話を掛けたところに、今日成田空港から
帰国したよと聞かされる。
彼女も私に知らせようか迷ったが、先生ご夫妻がとても
寂しそうにしていて、これ以上別れが辛くなるのもどうか
と思い、知らせなかったとのこと。

そう、これが永遠のお別れではないと信じているから。
いつかまた、きっと会える。
だからもっと気軽にさよならを言いたいし、
See You Again!と言いたい。 



ずっと前に書き始めていたのに、
なかなかまとめられなくて、
結局は上手くまとめられなくて…
でも書き綴ってみました。





関連記事

SCAJ2009

SCAJ2009 1 
昨日、東京ビッグサイトで開催の「SCAJ2009」に行って来ました。 

SCAJ2009 3 
マリア・エリサ・ルイス博士による「ゲイシャ種の謎に迫る」のひとコマ。

SCAJ2009 2
ブラジルスペシャルティコーヒー協会(BSCA)のセミナー。
セミナー会場には入りきれない程でした。
SCAJ2009 4 
企業や生産各国のブースが並びます。


パナマ
グアテマラ
ハワイ
ブラジル・・・
エスプレッソマシーンの実演をされている企業のブースでは
エスプレッソにカプチーノ・・・
師匠のお店(カフェバッハ)のブースにもご挨拶して、
いったい何杯のコーヒーを飲んだのでしょう・・・。

個性豊かなコーヒー達。
そしてそこに携わる個性豊かな人達。

あぁ私達も珈琲屋なんだなぁと実感したひとときでした。

果たしてこの日どれだけのことが吸収できたのかわかりませんが、
お客さまに還元できることを願って、お店を休業してまで行って参りましたっ!。


関連記事

詩篇27篇





私は一つのことを主に願った。
私はそれを求めている。
私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。
主の麗しさを仰ぎ見、
その宮で、思いにふける、そのために。

       ・
       ・
       ・

ああ、私に、
生ける者の地で主のいつくしみを見ることが
信じられなかったら。
待ち望め。主を。
雄々しくあれ。心を強くせよ。
待ち望め。主を。



■今日の礼拝
タイトル「初代教会の限界」
使徒の働き4:32~5:14




関連記事

不定期焙煎「イエメン・アラビアモカ(中煎り)」明日販売です。

「イエメン アラビア・モカ」を焙煎いたしました。 → 以前のお知らせ

数量に限りがあります。 ご予約(お取り置き)も承っております。

  ご予約いただきましたお客様、ありがとうございます。
  ご来店をお待ちいたしております。



関連記事

「Warren米」を炊く。

数週間前、新米を頂きました。

友人のWarren(ウォーレン)Familyが、
今年初めてお米作りにチャレンジして収穫したお米です。

2009 新米1 
いつもは炊飯ジャーに頼っていますが、
友人家族の丹精込めたお米を頂くのに、
もう少し手間を掛けて・・・と思い、
お鍋で炊いてみました。
恥ずかしいのですが、それまでお鍋でご飯を
炊いたこと、一度もありません441429
小学生の頃のキャンプで一度飯盒炊飯をしましたが。
(ですから、“Warren米”を炊く前に、
何度かの予行演習もしました。)


2009 新米2  Warren米
以前のブログにちょっとだけ書きましたが、 このご家族は、夏休み中、
彼の母国カナダへの帰国時、4500kmのドライブをしたご家族です。
数年振りのカナダへの帰国や慣れた場所とはいえ鴨川まで何度も通って
天候相手のお米作りをしたわけですから、大変なことも多かったのでは
ないかと思います。 
 
写真に残されたひとコマ、ひとコマ。
大変さと喜びのたくさん詰まった新米でしょう。
作った方の苦労を思う時、こちらも真剣に頂こうと思います。
心のこもったものは、本当に美味しい。

美味しいご飯をいただきながら思うこと、
・・・食べるものを作れるってすごいことだなぁ。






関連記事

お休みのお知らせ。

14日(水)は、珈琲の学びのために一日お休みさせていただきます。

店主



関連記事

旅の思い出。

ディナー前 

思うことたくさんあるのですが、
上手く言葉にできません。
旅の思い出…この一枚。
本人を説得しての、選りすぐりです。


関連記事

隔月メニュー「ハワイコナ エクストラファンシー(中深煎り)」、焙煎いたしました。

ハワイコナ エクストラファンシー」を焙煎いたしました。

隔月メニューは、数量限定ですので、
ご予約(お取り置き)も承っております。

ご予約いただきましたお客様、ありがとうございます。
ご来店をお待ちいたしております。 


関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。