2009-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月のお誕生日会。

アレンジメント 
お誕生日おめでとうございます!。 


Masahikoさ~ん!(5日)
お母さ~ん!(13日)
O内さ~ん!(13日)
Kaoruさ~ん!(15日)
Kaworuさん!
(26日)
BLESSme~!(26日)
Michikoおばさ~ん
!(29日)
I .
Yuji
さ~ん!(30日)
トーマスさ~ん!(30日)
 



恵み多き一年でありますように
こころよりお祈り申し上げます。  


もうひとつの30日。



関連記事
スポンサーサイト

今日のいろいろ。

お店は定休日。
でもやることは山ほどあって…。
のんびりとした時間を過ごしているように見える
我が家も、そんなにのんびりは過ごしていなくて。
今日は、神田でお昼を食べて、その後合羽橋に行きお買い物。
毎日毎日夜は遅いのです。


珈琲豆の「贈りもの」、ここ数日間、毎日作っています。
季節のご挨拶、七五三の内祝い、ご出産の内祝い、
そして初めてのお香典返し・・・。
それぞれの思いの詰まった贈りものとして当店の珈琲を
選んでいただいて、本当に嬉しいです。

今週末は、5周年記念オリジナル珈琲ボックスの販売です。
いつもと違うお味を楽しんでいただきたくて、Masahikoさん、
はりきって焙煎することでしょう。

そういえば、前ブログ(goo)のアクセス数が、土曜日と日曜日
ともに、3桁突破!?過去最高を記録しています。
なぜだろう?。不思議です。






関連記事

The Advent Season 2009

2009 クリスマスリース 
本日からアドヴェント(待降節)です。

『アドヴェント』は、ラテン語の「来る」いう意味で、
イエス・キリスト(救い主)がこの世に来臨した意味を思い巡らしながら、
救い主のご降誕を祝うクリスマスに備える期間です。 

救い主のご降誕を一緒にお祝いしませんか。



今日は、教会でもクリスマスの飾り付けをしてイルミネーションを点けました。
暖かなその光が、あなたを誘ってくださいますように。



関連記事

珈琲の道具・・・「ドリップポット」

珈琲を淹れるための道具をご紹介いたします。

「ドリップポット」
当店で扱っているのは2社のものですが、是非ご自分のお気に入りを
見つけて、おひとつお持ちになることをおすすめいたします。

月兎印琺瑯ドリップポット 
■月兎琺瑯ドリップポット  0.7L  3,150円
 全5色(ブラウン・キャメル・ホワイト・ブラック・レッド) 
 デザインの良さと5色の品揃えが人気です。
*注意点
 蓋をしたままお湯を注ぎ、傾けすぎますと蓋が外れます。
 お湯の温度を測るためにカバーケース付き温度計を入れた時などに
 内側のコーティングを傷つけた場合、錆びますのでご注意ください。


 ユキワ ステンレスドリップポット 0.75L 1.0L  ユキワ ステンレスドリップポット 0.75L(0.75L)
■ユキワ ステンレスドリップポット
 左:0.75L 12,500円
 右:1.0L  14,000円
 一生ものと言っても過言でない、プロ使用のステンレスドリップポット。
 当店のものも6年以上使用していますが、不具合なし。
 使い終わったら回りを拭いて置けば、いつも綺麗に光っています。
 (お店でご覧くださいませ)
 …お値段が高いのが、ちょっと難点。

揃えておきたい珈琲の道具達。
「ペーパードリップ編」
・ドリッパー
・サーバー
・ろ紙
・温度計&カバー
・ドリップポット
・ミル
・メジャースプーン

これから少しずつご紹介していきます。


関連記事

お陰様で5周年。

お陰様で、開店5周年を迎えることができました。  
本当にありがとうございます。

アレンジメント 708さん、37さん、Joeくん
(708さん、37さん、Joeくん綺麗なお花ありがとー!)

私たちは、日々いろいろな方のお顔を思い出しています。
あの方はどうされていっらっしゃるのかしらと話すこともしばしば。
お元気ならもちろんいいのですが、お体の具合いが悪いと伺っている方
などはお顔を拝見しない日が長くなると、とても心配です。

珈琲屋という仕事をしていることで、
お客さまの方から出向いてくださって、
そしてお知り合いになれる。
感謝な出会いであり、
素敵な出会いだといつも思っています。
果たして、皆さまにとって
BLESSmeはどんな存在なのでしょう。






今日は、いつもうちの事を覚えていてくださるお客さまの中から、
代表してお一組を特別にご紹介いたします。 (ご本人ご了解済み)
かつて、我が家の建物を珍しいアングルで撮影させてくださったご夫婦です。
以前の記事→ 

2008 K&Y 2009 K&Y
このお二人がまたおもしろいお二人で!。
↑左が昨年11月26日撮影。 右が本日11月26日撮影。↑
なんと!一年振りのご来店。
 因みに昨年のご来店も、たしか一年振り!。(ホントかよ!?) 
一年に一度、それも閉店間際…。
決して責めてはいません410

わざわざ開店記念日に、それもお仕事帰りの疲れている時に
当店のことを覚えてお土産付きでお越しくださるなんて…。
本当に感謝です。

閉店間際のご来店からしゃべり続けて、
仕舞いには「Kaowunが帰してくれない」とまで言われ、
「じゃぁ帰れ帰れ」とまで言ってしまう不思議な仲です。
一年後も待ってるからねぇー!!463391



関連記事

野菜便。

野菜便
昨日、「もち米を貰ったから餅をついたんだけど、送ろうか?」と
叔母さんからの電話。
「うん、うん、送って!」と私。

本日午前中届きました。早速、お昼ご飯に頂きます!。
(左の白い物がお餅です。)
体調が決して良いわけではないのに・・・、そんな叔母が作った
ブロッコリーも入ってます。

母が生きていた頃、家の前の畑で作ったものを時々こんな風に
送ってくれていました。
段ボールに綺麗にいろいろな物が詰められて。
今、その畑は跡形もなく・・・。
でもこうして、今は叔母さんの野菜便が届くことがあります。
今回は「お餅」がメインですので、お野菜は少ないですが、
枝豆の時などは、ひとつひとつ外して、端っこをはさみで切って、
後は茹でればいいだけになって送られてきます。
なんだか嬉しいです446








関連記事

いい夫婦の日。

11月22日、「1122・・・いい夫婦の日」。

「いい夫婦の日」というと、昨年のことを思い出します。
昨年11月22日の数日前、沖縄在住の知人から電話が・・・。
「主人がNHKラジオを聴いていて、“1122(いい夫婦)特集”という事で、
今週一週間、何組かのご夫婦が出演すると聴いたけど、その内の一組が、
“東京のコーヒー屋さん”で、名字が“た”で始まる人だった・・・
これって“田島さん”?。と言うので、確認のため電話してみたの」ということ
でした。
「え~まさかぁ~、うちではありませんよ!」とお答えしながら、
ん~、東京のコーヒー屋さんで、“た”で始まる人、NHKラジオで取り上
げられそうな人・・・あっ!451“たぐちさん!”。
そうなんです、私たちの師匠カフェバッハの田口護氏です。
それがわかれば話は早い。
で、その放送はいつ?と思ったら、その日のその5分後からその番組は
放送とのこと!。 確か午前10時だったと思いますが、開店前の慌しい
時間がより慌しく、大慌てで、普段ほとんどつけないラジオを店内に持ち
込み、つけました。
それから約1時間近く、田口さんご夫妻の歩みをたっぷりと伺う事ができ、
教えてもらえて良かったぁというような内容のお話でした。

カフェバッハは創業41周年。
台東区の通称山谷と呼ばれる場所にあり、地域に根ざしながら、全国から
もそのコーヒー目当てに人を惹きつけるお店。コーヒーの業界では多くの
方がご存知だと思います。(私たちはそんなに有名店&有名な方だと
知らずに、教えを請いに門を叩いてしまったわけですが。) 


2007年2月の新聞記事の一部を合わせてご紹介。

 本格コーヒーの愛好家が「一度は訪れたい」とあこがれるカフェの名店が、
日雇い労働者が集まる東京山谷地区にある。
業界では、自家焙煎の草分けとして名高い店でもある。
開業を目指す若者が全国から修行に集まり、弟子たちの店は100店を越える。
 台東区日本堤1丁目。
ドヤと呼ばれる簡易旅館が立ち並ぶ中に「カフェ・バッハ」はある。
ブレンドコーヒーは1杯450円。
 40席足らずの店内に、スポーツ紙を見つめるおじさんや、おしゃべりに興じる
おばさんたち。
 多い日で1日400人。ひっきりなしに訪れる客に、若いスタッフたちの明るい声が飛ぶ。
 この街で育った田口文子さんが1968年に実家の食堂を引き継ぎ喫茶店
にした。
 「酔っ払いお断り」の入り口の貼紙は開店当初からの鉄則。
 その代わり、泥だらけの服を着た人でもきちんともてなす。
ただ、椅子には新聞紙を敷き、鉢巻きはとってもらう。
 「皆が憩える空間にするためにはルールが必要」と根気強く伝え続けた。
店の外から目を合わせ「着替えてくるよ」と知らせてくれるようになったり、
いつしか、床にたばこをポイ捨てする人もいなくなった。
 開店した68年は、東京オリンピックの4年後。街には約1万5千人の日雇い
労働者がいた。
 当時18席の店に、入りきれないほどのお客さんが、早朝から押し寄せた。
 厳しい環境で暮らす人たちこそ、本物を飲んでもらいたい。74年から本格
的に自家焙煎を始めた。店主の田口護氏は、産地など60ヶ国以上を訪れ、
農園や焙煎技術を視察した。
 75年に改装した時、客足が途絶え、「バッハは敷居を高くしてオレたちを閉
め出した」とうわさが広まっていた。
 大柄で身ぶりも大きい労働者たちのために幅の広くがっしりしたひじ掛け
椅子を特注した。照明も新聞が読みやすいようにと明るくした。でも、コーヒー
代は前と同じ。
 誤解を解こうと、文子さんは店の外で一人一人つかまえ、説明した。
 「おじさんたちのために改装したのよ。どうして来てくれないの。」
 素通りしていた客がまた戻ってきた。
労働者は、現在約5千人。最盛期の3分の1に減った。
 「お年寄りがこぎれいにして外出し、店で言葉を交わす。囲い込む施設より
カフェのような場こそ、地域には大切なはず」と文子さんは感じている。
 00年の沖縄サミットの晩餐会に『バッハブレンド』が出された。一手に扱い
たいという大手スーパーの打診も、銀座に出店したらという誘いもあったが、
迷いながらも断った。
 「踏みとどまったからこそ、外から人を呼ぶ力がついた。山谷に偏見のない
人の流れが生まれて街がにぎわえば、ここで暮らす人たちも元気になる。
銀座に店を広げるより、この山谷を銀座にしたい、と思っている。」

「おじさんたちのために改装したのよ。どうして来てくれないの。」
このひと言に胸が詰まりました。ママさん(文子さん)の声となって、
私の耳に聞こえます。

人ために生き、自分のために生きる。
田口さんご夫妻を思う時、ふとそんな言葉が浮かびます。



約2年半前の新聞記事を読みながらこのブログを書いていたのですが、
ここもここも紹介したいと思っているうちに、新聞記事のほとんどを
書いてしまいました。
山谷という特殊な環境にありながら、いつも先を見据え、コーヒーに対して
熱心であり自家焙煎の珈琲屋の中でも先を行く店として、そして何よりも
地域のためのカフェとして存在し続けているカフェバッハが私たちは大好きです。
店を出すなら駅近くなどの人通りが多いところ、と条件を揚げる方も多いと
思いますが、田口さんはそのようなことは言われず、むしろその店の
コーヒーを目的としてもらえれば、お客さまは来店して下さる、
焙煎を教わり始めた頃にそのように言われたことが印象的でした。 
私たちの求めていた姿がそこにあったからこそ、私たちはカフェバッハに
学びました。そして、今も学び続けています。

「1122・・・いい夫婦」、全てはここから始まるのかもしれません。





関連記事

「トースト」のお知らせ。

お知らせが遅くなりました。
実は、少し前からトーストをお休みしていました。

とても人気のあるパンを使っていますので、お休みしてからも
ご注文いただくことが実は多いのですが・・・。

これからはしばらくの間、不定期のメニューとして、
「黒板メニュー」とさせていただきます。
(→今週土曜日21日にはご用意する予定です。)

ご用意させていただいたときは黒板に書きますので、
ご来店の際はチェックしてください。
何卒よろしくお願いいたします。


関連記事

手土産の主は・・・。

エシレ バターケーキ
丸の内にオープンしたフランス高級バターのお店。
そのお店のバターケーキ(限定品)です。
バターケーキと聞いて・・・どうなの?と思ってしまいますが、
すっきりとした口どけです。
カラメルの味がポイントかな。
バターにフィナンシェ、マドレーヌ。
値段を想像して・・・ぶるっ443考えないようにします。
ご馳走様です!。

「エシレのバターって食べたことないから食べてみた~い」と言っていた
私の戯言を覚えていてくれて、行列嫌いのおやじさんが、わざわざ並んで
買ってきてくれたなんて感激です。
おやじさん、ありがとー!!。


P.S 美味しくいただいているうちに、ふと「こんなに食べちゃっていいのぉ?」。
   おやじさん、お蔭であなたの体型に似てきました。








関連記事

香り豊かな贈りもの & 5周年記念オリジナル珈琲ボックス

(*当記事は、2009年11月12日の記事です。現在の贈りものはこちらをご覧ください。)  


 
季節のご挨拶、クリスマスのプレゼント…
           贈りものに「珈琲」はいかがでしょうか。

■カフェブレスミー「贈りもの」見本     *ギフト箱、ラッピングが新しくなりました。

2009 新・贈りもの 3個入り  2009 新・贈りもの ドリッパーセット
4段階の焙煎度合いをそれぞれ             珈琲をおいしく淹れるには道具選びも大切です。
お入れするセットがおすすめです。           良い道具をお選びください。
■珈琲の詰め合わせ            ■陶器ドリッパーと
  100gを3袋~6袋                 珈琲100g×2袋のセット
   100g×3袋 1,950円~       通常2,100円の商品が2000円の特別セット
   100g×6袋 3,600円~
   (銘柄によって価格は変わります)  

贈りもの ラウンドボックス       2009 新・贈りもの 個包装
■ラウンドボックス              ■100gの個包装も承ります 
 60gを3袋 1,200円~           (ラッピング代別途)
                              


2009 新・贈りもの ギフトボックス
■包装紙を使わないスタイルです。
 柄入りの貼り箱に透明セロファンの帯をして、紙紐やリボンで結んでいます。
 (リボンやシールは変更可能)  箱は再利用可能です。
■写真はブラウンですが、グレーもあります。 
■私の手書きですが…「熨斗」もかけられます。
■その他、ミルやドリップポットなども取り揃えております。
 贈りものにいかがでしょうか。  
■ミルをお持ちでない場合は、お挽きして詰め合わせいたします。



5周年記念オリジナル珈琲ボックスは販売終了いたしました。
ありがとうございました。(2009.12.19)
             ↓

限定・予約制   ご予約承り中!
■■■ 5周年記念オリジナル珈琲ボックス ■■■
「Song of songs2009」 2,400円(予定)
■お渡しは、12月第1週の週末(11月28日締め切り)と
 12月第3週の週末(12月12日締め切り)を予定しています。 
■内容
 パナマ・ボケテ ドンパチ農園(中煎り)150g
 アニバーサリーブレンド(
深煎り)150g(昨年ご好評頂きましたので再登場です)
■「豆」のみでの販売です。
2008 Song of songs (写真は2008年版)
日頃、当店の珈琲をお召し上がり頂いている方々への感謝の
気持ちを込めて、通常店頭では扱っていない銘柄を特別に
焙煎いたします。贈りものの他に是非
ご自宅でもお楽しみください。
*クリスマス向けのラッピングを予定しています。
 


■「贈りもの」は、当日受付はしておりません。事前にご予約ください。
 焙煎後発生する炭酸ガスにより袋が膨張する場合がありますので(お挽きする場合は特に)、
 箱にお詰めする贈りものについては、当日受付をしておりません。


・詳しい仕様や内容は、店頭の見本をご覧いただくか、
 お電話にてお問い合わせください。
・クロネコヤマトの宅急便にて全国配送承ります


                                           

2009 新・贈りもの ギフトボックス
ようやく「贈りもの」のお知らせができました。
ギフトボックスの選定、
その箱に合うコーヒー袋をいろいろ探して、
銘柄シールの変更、
5周年記念に使用する豆の選定とテスト焙煎を繰り返し…
「贈りもの」をお伝えするチラシ作成などなど。
毎日バタバタ!。
でもこうして、ようやく皆様にご報告できました。

「贈りもの」をお考えの際は、是非ご相談ください。
よろしくお願いいたします!。

cafeBLESSme   K.Tajima 




関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。