2010-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年8月のお誕生日会。

Erinちゃん 
お誕生日おめでとうございます!。

K.Koyoさん(1日)
K.Keikoさん(4日)
Kubotaさん(6日)
J.Yokoさん(9日)
O.Yusukeくん(11日)
K.Kazukoさん(13日)

お誕生日おめでとうございます。
恵み多き一年でありますように
こころよりお祈り申し上げます。



お誕生おめでとうございます!
Erinちゃん(20日)

写真はBeanieBabies(ビーニーベイビーズ)のErinちゃん。
BeanieBabiesは、確か11年位前に日本に輸入されたと思いますが、
数え切れないほどの種類と、一体一体それぞれに名前と生年月日が付けられていて、
多分コレクター魂に火を付けられた方々が欲しがったからなのか、
銀座のソニープラザで大行列が出来たこともあるのです。

実はこのクマさん達、私達夫婦の思い出の品です。
小さな2体は、新婚旅行先のマウイ島で見つけたもの。
この時はまだ日本では発売されていなかったのですが、
アメリカで大人気のマスコット?があるような話をラジオで聞いていたので、
もしかしたらいろいろな種類が大量にあるこのぬいぐるみがそれ?などと思いながら・・・、
「何でクマが緑なの~?!」と言いながら・・・、
新婚旅行の勢いでか、ぬいぐるみ嫌いの私が珍しく惹かれ購入しました。
そして、大きなクマはそれから半年後、友人の結婚式に参列するために
訪れたカナダで見つけ、購入。
という訳で、我が家には3体のErinちゃんがいるのです。
最近は話題にも出なかったこの子達ですが、
先日U原さまご夫妻に与えられた赤ちゃんのお名前を伺うと
「Erin」ちゃんとのこと。
早速この緑のクマの話になり、お見せした次第です。
それ以後お店のピアノの上に座っています。
 
この緑のクマは、アイルランドのセントパトリックデーにちなんだものだそうです。
シンボルマークのクローバーが胸に刺繍がされています
因みに、Erinちゃんのお誕生日は1997年3月17日です。
(首のリボンは私が付けました)


関連記事
スポンサーサイト

タイトルは大切です。

図書館に行きました。
目的もなく本棚の前を歩いていると、タイトルに「〇〇〇〇〇〇とコーヒー豆」
というを見つけ、手に取りました。
 (「コーヒー」と書いてあると、どーしても職業柄手が伸びます)
ざっとページをめくってもそれらしき箇所が見つからず、目次にタイトルと
同じ文字を見つけたので開けてみます。
しかしその「コーヒー豆」とは…、なんと犬の耳に出来た疣(いぼ)の話でした
折り返し部分にまでコーヒー豆のイラストをたくさん描いておいて、
これはないでしょ!!とひとり突っ込み。
タイトルと違いすぎて、こんなにガッカリした本は初めてです

ところで、小学校時代から文章を書くのが苦手な私が(特に読書感想文は大嫌い)、
ブログでこうやっていろいろ綴っている・・・とっても不思議です。
それも今月で丸5年経ちました!。自分で自分を褒めたい気分です

せめてタイトルくらいはお読みくださっている方々を裏切らないように、
気をつけよっと。 今回のことから学んだことでした!。



余談ですが、江戸川区立の図書館は全部で8つ、コミュニティ図書館と
呼ばれる小規模図書館も入れると全部で12箇所。
今回行った図書館は、以前は江戸川土手近くにあった篠崎図書館が
移転して綺麗なビルの中に開設されました。
個人的には以前の図書館の方が好きでしたが…。
江戸川河川敷には子ども達を乗せてくれるポニーのいる「ポニーランド」
があり、そのポニー達の家が図書館に隣接していたので館内からも一部
を見ることが出来て、ほのぼのとした感じがとても好きでした。
以前の篠崎図書館の建物は、現在は「篠崎子ども図書館」となっている
ようです。 私にとっては残念ですが、新しくなった図書館は駅にも近く、
利用者も増えていることでしょう。
現在の篠崎図書館は3週間前に始めて利用したのですが、運動不足を
解消するのにも丁度よい距離だとわかりましたので(徒歩で片道20分)、
これからはちょくちょく利用しようと思っています。
それに閉館時間が午後9時30分なんです!。 驚きです!

関連記事

「平和を求める祈り」


ああ主よ
わたしをあなたの平和の道具としてお使いください
憎しみのあるところに 愛を
いさかいのあるところに ゆるしを
分裂のあるところに 一致を
疑惑のあるところに 信仰を
誤っているところに 真理を
絶望のあるところに 希望を
闇に光を 悲しみのあるところに
よろこびをもたらすものとしてください

ああ主よ
慰められるよりは 慰めることを
理解されるよりは 理解することを
愛されるよりは 愛することを
わたしが求めますように
わたしたちは与えるから受け
ゆるすからゆるされ
自分を捨てて 死に
永遠の生命を いただくのですから


*アッシジのフランチェスコの精神を表した詩です






同じ教会に戦争を体験された方々が数名いらっしゃいます。
今日の礼拝では、その方たちの体験談を語っていただきました。 
私の母も終戦時が10歳でしたので、当時のことを覚えていて、
話して聞かせてくれましたが、今日の方々は東京大空襲を経験
されている方もいらっしゃるので、戦争のない時代に生まれ育った
私には想像するだけでも難しい、そのようなお話でした。
戦争体験を語れる方はどんどん減ってきています。
このような方々は貴重です。そしてそこから平和を求め、語れる方は
もっと貴重です。
今回、戦争の体験を語ることは決して簡単なことではないということ
を知りました。語ることは思い出すこと、過去の悲しみを思い起こし
ながら涙を流しながら語るその姿に、語ることは多くの苦しみを伴う
ことなのだと知りました。
しかし、これからの世代の人々に同じ苦しみを味わって欲しくないと
いう思いで、精一杯お話しくださっているのです。

私は思います。
一人ひとりの心が平和であれば、戦争は絶対起きないと。
平和を得ること・・・、それは神のみこころを知ることによって
得ることが出来る。
神のみこころを知るためには聖書を知ること。
(聖書の)本当の神を、イエスキリストを本当に信じているならば、
そのような人は絶対に戦争を起こしたりはしない、
わたしはそう信じています。
平和の道具としてお使いくださいと言えるような者では到底ない
私に目を留め、救い出してくださった主。
だからこそ、この様なわたしを平和の道具として使ってくださることも
出来ると信じています。




関連記事

涼 求む。



アマガエル
 

こう暑いと 一雨 ほしいものです




 






関連記事

トースト用ジャム 「いちじく」

当店のトーストは、浅草のペリカンの食パンに四つ葉バターを
使用して、ジャムのお好みを伺って、器に盛ってお付けいたします。
ジャムは、自家製。…と言っても、Masahikoさんのお母さん製。
(自家製を切らせてしまうと、市販品の時もあるかもしれません)
定番は、「いちご」「りんご」「(甘夏や柚子)マーマレード」、
それ以外では、「ブルーベリー」「ぶどう」「いちじく」…など。
春の頃に仕込んでくれた「いちごジャム」がもう少しで終わりだなぁと
思っていたところに、新顔が登場。

いちじくジャム 
「いちじく」です。



いちじくは母も私も大好物で、店の外に植えてあります。
今年はたくさん実を付けてくれたのですが、うまく熟してくれず・・・
結局母がコンポートにしてくれました。
いちじく
いちじくコンポート
おいひかったです


関連記事

「僕は何のため?」

 森繁昇氏 CD「僕は何のため」
(写真は森繁氏のCDジャケット)

森繁昇氏よりサポートレターが届いた。

森繁昇氏は、以前( ) 当店でライブを行っていただいた
ハワイ島在住のクリスチャンミュージシャン。
とにかくおもしろい!、とにかく歌が上手!、とにかくイエスさまの
ことをわかりやすく伝える!・・・私たちの大好きな人です。

その彼からのニュースレターやサポートレターには、聖書の神さまは
遠い存在ではなく、いつでもどこでも私たちと共にいて下さる方、そんな
ことを再認識させてくださるお話が、時にはおかしく、時にはジーンと
くるような内容で書かれています。 
神さまは 特別な時にしか現れない方、「神頼み」 したい時にだけ思い
出す方と、誤解されている方も多いように思いますが
…そのような方ではないのですよ
見られていては困ると思う方もいらっしゃるでしょうが、いつも神さまは
あなたを見守っています、やさしい眼差しで・・・

森繁昇氏 CD 
■森重さんのCDの一部

森繁さんは年に3~4回、ライブ活動のため来日いたします。
以前伺ったお話では、「道の駅」などにもギター一本抱えて出没するそうです。

月も星も出ていない真っ暗な夜道を歩く時、小さな懐中電灯をひとつ持って
いればちゃんと道が見え、つまずいたりしないで家まで安全に帰れるように、
イエスキリストとその良い知らせ(GoodNews、Gospel、福音)は、この世の
暗闇の中ではこの懐中電灯なのです。
その懐中電灯をまだ持っていない方に、自分自身は何のために生きている
のかわからずに暗闇の中をさまよっている方のために、そのことを考え知って
欲しいと、道の駅では自作のCDを皆さんに無料で配布しています
(鳥のイラストが描かれたCDなど)
彼の働きをサポートしたいと思われる方は、CD購入やその他の方法で
是非彼を励ましてください。
ライブは、教会やホテル、ライブハウスなどでも行なっています。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   
「見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許される
いのちの日数、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを
見つけて、食べたり飲んだりすることだ。 これが人の受ける分なのだ。
実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、
自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。
これこそが神の賜物である。こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ
思わない。神が彼の心を喜びで満たされるからだ。」
         新改訳聖書 旧約聖書 伝道者の書5章18節~20節 

「しあわせ」とか「くよくよ思わない」って言葉は私にとってすごく身近で人間的。
イエス様が私たちの毎日の労苦を知っていてくださっていると思い出させてくれ、なんかうれしい。
イエス様の愛をもらった人は、すべての労苦も働かせてそれを益にしてくださるというイエス様の
約束を思い出し、またまたうれしく、いつも良くしてくださるイエス様に任せて進む時、その労苦
さえ喜べるようにしてくださることは、まさしく神の賜物!。
     
         
                      2010.8.1 サポートレターより
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




聖書は一部だけを抜粋して読む読みものではありません。
どの本も同じですが、一部分だけ読んでもその本全体の内容はわからないと
思います。その一冊すべてで表現されているものだと思います。
特に聖書に書かれている神さまは、時には優しく、時には厳しく、といろいろな
ことが書かれているように感じますので、聖書を初めて読む方には理解しづらい
箇所も多いことと思います。罰を与える神さま、恐い神さま、よく言えばどんな
ことでも許してくださる神さま、などと思い込んでしまうかもしれません。

しかしどうか神さまを正しく知ってください。

神は愛なり・・・と。 



・彼の詩はどれもいいので、ここでご紹介しようと思ったのですが、
 やはり詩と曲と両方揃わないと彼の歌ではないないなぁと思わされましたので
 止めました。店内にCDありますので、ご興味持たれた方はお声をお掛けください。 
・私達はプロテスタント教会に集うクリスチャンです。
 キリスト教を基にした新興宗教が多数存在します。ご注意ください。

関連記事

隔月メニュー「ブルーマウンテンNo.1」(浅煎り)を焙煎いたしました。

隔月メニューは、数量限定ですので、
ご予約(お取り置き)も承っております。

ご予約いただきましたお客様、ありがとうございます。
ご来店をお待ちいたしております。
関連記事

リニューアル!東毛酪農の牛乳で作る「カスタードプリン」。

*申し訳ございませんが、現在カスタードプリンには
 「生活クラブ」の牛乳を使用しています。
 盛り付けも、通常は生クリームなしです。2012年1月現在


Newカスタードプリン
 
以前からメニューのひとつにあり、時々登場していました「カスタードプリン」。
この度、材料の牛乳を東毛酪農のノンホモ・パスチャライズド牛乳に替え、
盛り付けも、以前のココットに入ったものから、「プリンと言えばこれでしょ
といわんばかりにお皿の上にひっくり返し、生クリームを添えました。 


「コーヒー」という茶色の液体と「牛乳」という白い液体、どちらも一目見ただけ
では中身がどのようなものかはわからないですね。
コーヒーは、悪い豆(発酵やカビが生えた豆、虫が食っている豆)が入っている
味なのか、悪い豆が取り除かれた、そのコーヒー豆本来の味なのか、そして
焙煎から日が経って酸化しているものなのか新鮮なものなのか、見た目だけ
ではわかりません。(味ではわかりますが・・・) 
慣れた味ということで例え飲めたとしても、悪いコーヒーは、飲んだ後に胃が
痛くなったりむかついたりと、体に変化が表れるかもしれません。
牛乳も、どこの牛乳を見ても同じような白い液体ですが、原材料の生乳の
品質の良し悪しや、高温殺菌か低温殺菌かの熱処理をはじめ、必要以上に
手をかけている牛乳か、自然の牛乳を味わうために作られているのか、
消費者の手に届くまでに行なわれている処理によって、体内に入った時に
起きる様子は様々です。
コーヒーも牛乳も、本来(本物)の味を楽しんでいただくために努めたいと
思っています。

体に入って安心な物、味わって美味しいと感じるもの・・・
素材選びにはこれからも気を配りたいと考えています。
そのための正しい知識を得られるようにとも願っています。 


最近は小さなお子様のブレスミー菓子デビューが続いています。
Joeくんにとってのデビューは「バナナシフォン」。
AOIくんにとってのデビューは「カスタードプリン」。
次はIrohaちゃんかな~
これからの子供たちにも安心して食べてもらえるような、そんなお菓子を
作りたいと思っています。

少し長いですが、是非お読みください。
 →東毛酪農 ノンホモ・パスチャライズド牛乳について






[当店のお菓子について]
*同じメニューでも器や盛り付けが変わることがあります。
*ご紹介しているものの中から、平日は1~2品、週末はもう少し多めにお作りしていますが、
 毎日全てが揃っているわけではありませんので、ご了解くださいませ。
*卵を使用したメニューは、卵をグラムで計らずに個数で作っていますので、厳密に同じ味
 にはなりません。家庭の味のお菓子としてお楽しみいただけましたら幸いです。


関連記事

やもりのツリーハウス?。

ヤモリとツリーハウス? 
シジュウカラのために設置した巣箱。
以前2回程シジュウカラが当物件を確認のため、中にまで入って
みていましたが、お気に召さなかったようで、結局入居ならず…残念!。

現在、時々やもりくんが出入りしているところを見かけます。
「巣箱」改め、ヤモリくんのツリーハウスということにいたしましょうか。

関連記事

熱い(暑い)記事。


温度計
 

人生初です。“気温”が気になりました!。

「体感」だけで生きている私には、今日は何度だった、明日は上がるらしい、
下がるらしい、と言われても全くわかりませんでした。
(こういう性格は、旅行に行く時困ります。行き先の気温を聞いても想像ができませんので。)

しかし、今日は違います。
あまりの暑さに、初めて気温が気になり、普段は焙煎室に置いている温度計
を持ち出して、店出入り口外側で気温を測ってみました。

すると、なんということでしょう!! (加藤みどり風に)
午後3時半で37℃もあります!。ビックらしました!
これは驚くべき気温なんですよね!?。
これでは熱中症の話題が多いのもうなずけます。
私達は職住一致で通勤がないので、普段は、運動不足だねぇなんて話してい
ますが、最近は通勤がないことを感謝しています。

温度・湿度・気圧計
涼しく感じるお店の中でも約30℃あります。

でもこの話題に関連してびっくりしたことがもうひとつ。
普段Masahikoさんが焙煎している焙煎室は、35℃位はザラだそうです!。
(焙煎のために敢えてそうしているのですが…)

「じゃあこのくらいの温度は慣れてるんだね~」
「それはちょっとちがうけどぉ…






関連記事

猫、脱走中。

脱走猫のみー太郎  
この階段、普段みー太郎(本名:みー)には解放していない階段です。
なぜここに彼がいるかと申しますと・・・、脱走中だからなんです

我が家の猫は、「完全室内飼い」です。
(抱きかかえて玄関近くに行くと、私の肩や背中に爪を立てながら必死に逃げようとします)
7年前の秋に以前住んでいた住宅の敷地内で拾い上げて以来、家の中
だけで暮らしています。 主人の実家のあるこの地区の区画整理を機に、
現在のこの2世帯住居&店舗を設計建築しましたので、一緒に移り
住みました。みー太郎は、私達が住むフロアだけで生活でき、それ以外
の場所には行かないようにと考えましたので、そのためには数々の苦労
があったのですが、少しだけご紹介いたします。

・部屋と部屋の間の壁にねこドアを作り、端から端まで行き来できる
 ようにした。
・階段を下りて行かないようにアコーデオンカーテンのようでいて下部
 からすり抜けられないような硬い板で作られたじゃばらのドア(?)を
 探した。   …etc。

設計段階でうちの大工さんに言わせると、(体が)大きくなったら
ドアノブに手(前足)を掛けて開けちゃうよ」のひと言で、階段に通じる
ドアは、室内にしては珍しく「ドアクローザー」を付け重いドアにした程
です。しかし、手(前足)を掛けて開ける試みは全くなく、いつの間にか
人の出入りにタイミングを合わせて脱走を試みることしばしば。
居るはずもないと思うところにみー太郎がいるのです!!。
特にMasahikoさんはみー太郎を遮ることがとっても下手で、開けた
瞬間に足元を強行突破しようとするみー太郎といつも格闘しています。
私はというと…、猫に嘗められるわけにはいきませんので、すご~い
速さでガシっと押さえ込みます! へへへ。


最近の脱走パターンは、サッと出て2~3段降りたところで振り向きます。
追いかけて欲しいようです
追いかけていくこともありますが、こちらの体力が追いつかず、しばらく
放っておいて帰って来てドアの外で鳴き始めたら入れています。 
この写真は1階に降りた後、上がってきたところなのです。 

猫もいろいろ知恵がつき、人のような顔つきでこちらを眺めます。
時には何か話しているようです。
猫語がわからない私は、「神さま、一度でもいいですからみーちゃん
と会話させてください」などと思わず願いごとを口走ってしまいます。 
と言っても、「おいで。抱っこしよっか。」と言うとわかるらしく、にゃーと
鳴いて近寄り、自分から「抱っこしてポーズ」で手を伸ばします。

共通の言葉でなくても、こころは通じているのですね。 





■最近当ブログをご覧頂いた方向けに、我が家の猫のご紹介を。
 
みーちゃん アップ ←画像をクリックすると大きくなります。
本名:田島ティグルスみー (ミドルネームまであるんですよ)
ニックネーム:みー太郎、みー太くん
性別:オス
体重: 5.6kg
柄の種類:キジトラ
生年月日:2003年9月末に出会う
       獣医さんの見立てで生後約2ヶ月という事でしたが、
       我が家では8月15日を誕生日とする
母親の柄:さびねこ (別名:べっこう)  









 











関連記事

「連休」に弱い当店ですが…。

江戸風鈴 
今日は思いもかけず(?)の大忙し。
(「連休」に弱い当店ですから~

K藤さまをはじめ、お越しくださったお客さまありがとうございます!。

会社務めの方々はまだ連休中の方も多いことでしょう。
当店は明日も通常通りの営業(11:00~19:00)ですので、
是非ひと休みにいらしてくださいませ。

ハワイアンミュージックと風鈴の音色をBGMに用意して、
お待ちいたしております。


関連記事

New「2色のゼリー」と「珈琲ゼリー」

2色のゼリー 
今年の夏、新登場の「2色の(珈琲)ゼリー」。

グラスの一番下には、「珈琲ゼリー」としてお出ししているものと
同じ無糖のゼリー。 深煎り珈琲を使って、ゆっくりと濃い目に
淹れたコーヒーを使用しています。
その上に采の目にカットしたカフェオレのゼリー。
珈琲ゼリーと同じ深煎りコーヒーと生活クラブのパスチュアライズド
牛乳を合わせ、お砂糖をほんの少し。
仕上げに、自家製ガムシロップを少しとホイップした純正生クリーム
をふんわりと…。
2色のゼリーのそれぞれ違う食感もお楽しみください。
甘めの珈琲ゼリーを楽しんでいただきたいと考え作りました。



New珈琲ゼリー 
こちらは以前からお出ししている「珈琲ゼリー」。

今回グラスを変えました。量も以前より少し多めです。
珈琲ゼリーは、何も掛けずにそのまま召し上がる方もいらっしゃるので、
お好みでお使いいただくようにガムシロップと液状の生クリームをお付け
しています。


[当店のお菓子について]
*同じメニューでも器や盛り付けが変わることがあります。
*ご紹介しているものの中から、平日は1~2品、週末はもう少し多めに
 お作りしています。毎日全てが揃っているわけではありませんので、
 ご了解くださいませ。
*卵を使用したメニューは、卵をグラムで計らずに個数で作っています
  ので、厳密に同じ味にはなりません。家庭の味のお菓子としてお楽
  しみいただけましたら幸いです。





関連記事

不定期焙煎「イエメン産アラビアモカ(中煎り)」を販売しています。

不定期焙煎の「イエメン産 アラビアモカ」(中煎り)を焙煎いたしました。
「モカ」をお探しの方は是非どうぞ!。
数量限定ですので、ご予約(お取り置き)も承っております。

関連記事

店の前の「10センチ花壇」。

10cm花壇に百合が咲きました
お店の前に百合が咲きました。
店横の花壇に6月になると咲く鉄砲百合とは違います。
数年前、種が飛んできて花を咲かせました。
それ以来毎年少しずつ数を増やしながらこの時期に花を
咲かせています。
百合の咲いた写真の場所は、私が名付けた「10センチ花壇」。
当店のあるような住宅地では、わずかでも緑のある潤いのスペースを
作りたくて、入り口のスロープと歩道との間に設計してもらいました。 

10cm花壇に看板が付きました
こちらは、今年の初めに庭師の方がご好意で作って下さった看板。
駅のホームに駅名と両隣の駅名が書かれた看板がありますよね。
そんな雰囲気の看板をお願いしました。
黒板のような板に宣伝文句を書くつもりが、仮にチョークで書いた
状態が続き、未完成のままです。 (高田さんごめんなさい)
 
ある日の店の外観 2010.8.6
こうしてお店に少しずつ手を加えていると、設計段階でのこと、
建築段階でのことが思い出されます。
店舗付きの2世帯住居を作ったわけですから、いろいろと
考えさせられる点や大変なことは多かったです。
でも元々建物(戸建て住宅)や間取りを考えることが大好き
なので、全く苦ではなく、むしろ楽しんでいました。

本当は建物に対する思いなども書き連ねたいのですが、
なかなか言葉がまとまらず、今まで書けずにいます。
忘れないように少しずつ書いていきたいとは思うのですが。



関連記事

花火大会の日は…

朝、「ひとりごと」を書きました。
書き終わってお店に下りて主人にそのことを伝えると、
「ぼやいちゃった?」と言われました。
そう、ひとりごとではなく「ぼやき」でしたね

8月の第一土曜日は、毎年恒例江戸川河川敷において行なわれる
「江戸川区花火大会」です。
花火の打ち上げ総数は約14,000発。観客数は江戸川区、市川市両岸で
約140万人!。 (どうやって数えるの!?
今日はそんな日ですので、当店へお越しのお客さまも多分少ないかも…
なんて思っていました。
毎年お店の前を江戸川河川敷方向に流れていく方々を見ておりますので。
しかし本日はその予想は大いに外れ、とても楽しく忙しくさせていただきました。
ありがとうございます!。

この花火大会、市川市側では「市川市民納涼花火大会」と言われています。
同じ花火を江戸川を挟んだあちらとこちらで名前が違うことを昔は理解できず、
何年もの間疑問に思い続けていました。
昔、独身時代は市川市の国府台駅近辺に住んでいましたので、「あちら」が
江戸川で「こちら」が市川でした。今はその逆です

一昨年辺りまではとても楽しみにしていて、店を早仕舞いして歩いて見に
行ったこともありますが、今はぱったりと気持ちが失せまして・・・。
「エキサイティング花火」と言われている花火について行けず、もうちょっと
風情を楽しめるような花火に憧れます。
さて、お年頃のせいでしょうか





関連記事

8月7日(土)8:50am
 今日は「江戸川区花火大会(市川市民納涼花火大会)」。
 みんなの向う先は江戸川河川敷。
 うちの店に向ってくれる人いるかなぁ~

関連記事

スケジュール帳

スケジュール帳 
事情により、日々の生活の様子を書き留めようと思い立ち、スケジュール帳
を購入。

私が会社員をしていた頃、携帯電話もなければ、パソコンもなかった。
スケジュールは手帳に書きとめていた。
自分にとって使いやすいのはどんなものなのか、なかなかコレ!と思うもの
はなかったが、銀座伊東屋で選ぶひとときは楽しかった。
カバーは革製の物を奮発したりして。

元々日記や家計簿を付けることが苦手な私が、久し振りに手帳を買うことに
なったわけだが、今回は選ぶ時間もなく、用事のついでに(御茶ノ水)三省堂へ。

驚いたことに、最近の物は海外の事情に合わせて「9月始まり」というものある。
他には10月始まり、1月始まり、4月始まり・・・。
9月始まりも実際は翌年の12月まであったりして…16か月分!。(ここまで必要?!)

私がスケジュール帳に求めるのは、「日曜日始まり」
クリスチャンになってからは、特に日曜日(礼拝)が一週間の始まりと意識
しているので、尚更日曜日始まりであって欲しい。
元々多くのカレンダーは今でも日曜日初まりではないのだろうか。
そのカレンダーに目が慣れているのに、スケジュール帳は「月曜日始まり」
が多くなってきている。

スケジュール帳はビジネス用に使われることが多いからかな…
土日の週休2日制が浸透したせいかな…
月曜日始まりで週末の土曜日と日曜日欄は小さくなっている物もある。

本当はこの時期に手帳を探すのは多分不利でしょう。
今日探した限りではコレ!と思うものはなく、結局「日曜日始まり」は断念。
今回の一番の目的の「バーディカルタイプ」(?)を優先した。
一週間が見開きになっていて、時間毎の予定が書き込めるタイプ。
(写真は、同じ手帳の別のページです) 
でも実際はこのスケジュール帳、9月始まりなのですぐ使えない・・・、
ちょっと考えて、今月8月分は多分使わないであろう2011年12月のページ
を使うことにした。

これから一年間、月曜日始まりのスケジュール帳に果たして慣れること
が出来るかどうか・・・。











関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。