2011-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 Mrch Happy Birthday!

2011.3 
お誕生日おめでとうございます。

Mr.つぼさん!(3日)
Genmonくん!(4日)
Mrs.G.Megumiさん!(4日)
Mrs.A.Sayakaさん
!(6日)
Mrs.Nishino
さん!(13日)
Mrs.Kubotaさん!(14日)
Asahiちゃん!(15日)
Momokaちゃん!(18日)
Mr.Onoderaさん!(18日)
Mr.Mikiさん!(22日)
I..Chihiroくん!(25日)
Mrs.Nakataさん!(27日)
Mrs.F.Yokoさん!(27日)
 

F崎牧師がおっしゃいます。

「誕生日は自分の使命を思う日であります。」

生きる目的や役割を知り、
自分らしく歩むことが出来ることは
なんと素晴らしいことでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

菊池真智子さん。

津波の様子はニュースで何度も見ました。
釜石での津波。
覚えていらっしゃる方も多いのではないかと思います。

高台に避難しながら撮られた映像。
津波がすでに迫り、家々を襲っている。
高台から見守る数々の声の中、慌てて車に乗り込む一人の女性。
この映像を撮ったテレビだったか新聞関係の方がTVに出演した際に
流れた映像です。
地震直後に何度も流れた映像では、この女性は映っていなかった
ように思います。映っていたらきっと記憶に残ると思う程衝撃的でした!。
(撮影した方が違うのか、カットされていたのかわかりませんが) 
 
昨夜、日本テレビ、夜の報道番組「ZERO」でひとりの女性が話して
いるのを見かけ、主人と二人、「まさか?!」と見入りました。 

「生きてたんだ!!」

大変申し訳ありません…そう叫んでしまいました。
映像に映っていた女性は「菊池真智子さん」。
驚きと共に喜びが湧き上がりました。 
これ以上の言葉は出ません…。
 


関連記事

電気がないことを…想像してみる。

当店で、今、電気がなかったら…と、想像してみる。

■照明のない店内。

■BGMがない。
 →Masahikoさん、歌いましょうか!?。

■電動ミルが使えない…挽き売りができない。 
 →「豆」売りのみ。
   しかし、電動ミルのお客様の家では挽けない…

■ヒートシーラーが使えない…テープで封をしましょう。
 →専用瓶をお持ちいただくのも案。

■「贈りもの」は作れない。

■焙煎ができない。
 焙煎機の熱源は「ガス」ですが、焙煎機の一部、周辺機器に
 電気が使われています。


でも、ガスと水道が通っていれば、手挽きのミルで挽いたり、
(事前に停電がわかっていれば)まとめて挽いておいた珈琲を
使って、珈琲を淹れることはできます。

いつもとかなり違う趣になるでしょうが、いつも以上に
静かなcafeBLESSmeを楽しんでいただけるのかな…。

どうにか、何かは出来るでしょう。
出来ないことを考えるより、
何が出来るかを考えるとき、
知恵を使う分だけ…
少しだけ救われます。

関連記事

Saeponも大人です。

11日以降、ブログの内容が偏っていたと思います。
それ以前に書こうと思っていた話題もこれから徐々に…。



Saeponの一杯

当ブログに名前が出ます「Saepon」。
今年、高校入学の女の子です。
約4年間をニューヨークで過ごし、高校受験にあわせて帰国しました。

いつもは「アイスカフェオレ・Saeponバージョン()」をオーダーする
彼女が、最近はコーヒーを飲んでいます。
(家では何も入れずに飲むことはあると聞いてはいましたが…)
その光景に、大人になったのねぇと父兄の気持ちでしみじみ。

難関の高校、数校をほぼ全て合格し、入学する高校は第一志望校
に決定しました。そんな彼女のすごいところは、「勉強が好きなところ」。
中学生にあたる3年間はアメリカでの生活だったので、お友達や異文化
での生活で得るものも多かったとは思いますが、日本での高校受験は
大変なことも多かったのでは…。
しかし、楽しんでいるようにも見えるところが天才肌?の彼女のすごいところ。 
そんな彼女に教わることも多いですね。

父兄の気持ち第2弾は、クラス別の演劇が特徴の、唯一一般公開されている
文化祭に行きたいなぁ~


*Saeponバージョンは、ミルク多めのカフェオレのことです。
関連記事

消す灯りと消さない灯り…

節電のために、日中のお店の照明は、主に珈琲豆の棚を照らす
ハロゲンライトのみ。夕方になると店内に少しだけ灯りをつけます。
その他の電気は、コーヒーのミルなど…。
自宅では、フロアースタンドにホットカーペット、付けるとしてテレビ&
パソコン。あとは、トイレやお風呂の灯り時々。
いない部屋に間接照明がついていたことも日常的にありましたが、
今は消しています。

店をオープンする時、「椅子」についていろいろ考えました。 
わずかな時間でも「座った」と思うような椅子がいいのでは考えていました。
固い椅子や冷たい椅子などではくつろげないと思いましたので、
無意識に「座った」ことを意識できるように(?)、いろいろ考えました。

何気なく気持ちを豊かにしてくれるもの…

ですから、(電気が通っているうちは)便座の温め機能の電源は切りません
わずかな暖かさが、心も温めてくれると思います。
(時々、冷たいトイレに心まで一気に冷え切ってしまうことありませんか?


あるご夫妻の話です。
ご自宅周りのご高齢の方によく声を掛け、面倒を見ているご夫妻が近所に
いらっしゃいます。 地震の時も近くの公園に皆さんの手を引いて行かれた
そうです。
地震の後、深夜に帰ってこられた家族の方が、そのご夫妻の家のリビング
の灯りを見てホッとしましたよとおっしゃったそうです。
その灯りは、近所のおばあちゃんたちが不安にならない様にと、
わざとつけておいたということです。 
そうしたことが、無事家に辿り着いた方の心をも温かくしたようです。


消す灯りと消さないあかり…心を豊かにしてくれる灯りはつけ続けたいものです。



*当店の地域は、計画停電がないのでそのように出来るのであって、停電を余儀なくされて
いる方には申し訳ございません。不便さを共有したいという思いと、 電気が通っていることに
感謝する思いと、日々複雑な気持ちで過ごしています。






関連記事

春に…

2011.水仙 

訪れる春…
花の力を
芽吹く木の力を借りて
沈んだ心に 力強さが与えられるように
時にはたくましく
時にはしなやかに
人に与えられている 生きる力を信じて


関連記事

今日は地震が多かった。

昼間、地震警報が出た地震のとき、私はお店でお客さまの珈琲を
淹れていました。平静を装いながら…。
きっとあの警報を聞いていたら、心臓バクバクで仕事を続けられ
なかったかも~

その後も何度か揺れましたね。
一日にこれだけ揺れたのは久しぶりのような気がします。
あの日のことを思い出してしまいます。
これを書いている今も揺れました…。

●あるmixiに書かれていたある方のコメントから引用・・・
ある報道番組で、「程度の差はあれど、地震を経験した人は
みな被災者なんです。それでもまだ自分はいい方だから・・と、
自分の気持ちを飲み込んでしまう方が多いけれど飲み込まずに、
気持ちを出した方がいいのです(仲間や信頼できる人などに)。」
と、言っていたのがとても印象に残っています。 



離れたところから聞こえてくる洗濯機の音や、私が触れて揺れた
ブラインドを見て、「地震?!!」と反応している私です。
一番多いのは、椅子や正座で座っている時、自分の太ももの脈で
体に揺れを感じ、周りをキョロキョロしています。

全く同じ体験は、誰一人出来ません。
その人が味わい感じたことが、その人にとってどれだけの体験(恐怖)
だったのかだと思います。
お互いを労り、お互いを愛おしむとき、ほんの少し相手の気持ちを
共有出来るようになり、共に支えあっていけるようになるのではと
思います。

誰かのことを想いましょう。
自分自身だけを見つめすぎないように…。
(自分に言い聞かせています
関連記事

出来ることから…

日々節電しています。
このくらいの電力で生活できるんだ、と実感。
スイッチひとつの便利な生活には無駄なものも多かったことと思います。
自らの生活を省みる機会です。

今日はスーパーに買い出しに行きました。
仙台市内に住む2組の友人家族のために。
住むところはあり、電気・水道は通っていても(ガスはまだ)、ガソリン不足、
食糧難は以前続いているようです。
ヤマト運輸ではセンター止めでの配送が可能になったということなので、
早速送ろうと思い、買い出しです。
我が家から一番近いスーパーでは、買占めのためか缶詰類の在庫は
非常に少ないのですが、その中でもMasahikoさんの好きな「ほていの
やきとり」などを発見。その他にもあれもこれもといろいろカゴの中。
ご飯のおかずになりそうな物の他に、あんこや白玉粉…、こんな時だから
こそ甘いものでしょ!という感じで、選んだものもあります。
私のチョイスを喜んでいただけるでしょうか…
応援物資 
「買占め」している人と思われるのかな、なんて思ったら、
レジの人にわざとらしく説明しちゃったりして…

そんな私のところへは、千葉のいとこが「お米(玄米)とトイレットペーパー」
を届けてくれる予定です。買えるようになっているような感じもありますが、
探しに行くのにも苦労しそうです。この際、いとこの好意に甘えます。

…みんなが助け合って生きていく。





■18日に書きました「迷い猫」ちゃんですが、
無事自宅に戻ったそうです。よかった、よかった。
自ら戻ってきたとのこと。しかし、2kg程痩せていたようです。
言葉が話せれば、どうしていたのか聞きたいところです。
ご協力をお願いしていた方々にはお礼を申し上げます。
ありがとうございました。
関連記事

たまにはみーちゃん話題&明日の営業時間

アップ!
仙台のねこ好きな友人に贈ります。みーちゃんのアップ!。
「ホントウ ハ モット ハンサム ナ ボクデス ガ…」   
 

くつろぐ 
ふたつの寝床
みーちゃんには寝るとこがいくつかありまして、このベッドの他に
後ろの本棚の上に見えるかごも、彼の寝床です。
地震の時は、このかごの中で丸くなっていました。 





■明日21日(月・祝)の営業について
 営業時間は12時~5時とさせていただきます。
 先週と同じく、豆売りとコーヒーメニューのみでの喫茶営業です。
 照明、暖房はおとしています。ご了承ください。
 暖かくしてお越しください。 


関連記事

それぞれに…&猫ちゃんの捜索。

昨日は大規模停電の話もあり、今まで対象区域には入っていない
江戸川区の我が家でもいろいろと準備、心備えをしていました。
しかし、停電にはなりませんでした。
停電を経験されている方々には申し訳ないほどです。
 
お客さまのお話を伺うとみなさんそれぞれの場所で、
いろいろな体験をされています。
地震にあった場所やその後の行動など、本当に様々です。
皆さま、その瞬間に何を思ったのでしょうか。

まだ停電にはなっていない江戸川区ですが、お子様に
ローソクでの灯りを体験させようと試みた方がいらっしゃいました。 
いきなりの停電では多分うろたえます。もしもの時に備えて、
ろうそくに火を灯したようですが、小学生のお子さんが、
「落ち着くね…」と言ったそうです。
小さな心は何を感じているのでしょうか…。
*普段使い慣れていないローソクですから、火災を
起こさないようにお互い気を付けましょう。



迷い猫探しています!    →20日に自宅に戻りました。ご協力ありがとうございました。
地震の日、室内飼いの猫ちゃんが家から飛び出して行方不明という
お話を伺いました。微力ながら、当ブログで協力させていただきます。
瑞江1丁目…NTT東江戸川近くのデイリーヤマザキの道路挟んだ
反対側の地域のお家からいなくなりました。
迷い猫 
見かけた方、保護されている方は、当店にご連絡をお願いいたします。
TEL03-3677-5223 

関連記事

君のそばに。

月曜日の昼間、ずっと連絡が取れずにいた
仙台の友人から電話がきた。
いつもの明るい彼女の声に聞こえるが、
その声の向こうを…、
見えない電話の向こうを想像する。
本当の明るさのはずがない。
電気は通じたけれど、水道、ガスはまだとのこと。
避難場所の中学校には人があふれているので、
彼女と2人の息子さんは、町会の会館だったか、
そのような場所に夜は泊まったとのこと。
電気がついたということで、急いで家に帰り、
携帯電話の充電を済ませ、留守電に入っていた私
に電話をくれたようだ。 
そんな彼女が「今日、私の誕生日なのよ」と言った。 
涙があふれた。 何もできない自分が苛立たしい。
見えない電話の向こうは、私たちの想像できない力がみなぎっている。
疲れを覚える方々も多いと思うが、「生きるため」に必死な様子が伝わってくる。

中国に出張中のご主人が今日成田に着く予定。
これからどうやって家族の元に向かうのか。  



君のそばに Wings 
♪「君のそばに」   wings
作詞:常田(高奈)美香 作曲:高奈秀匡

たとえ君が知らなくても 僕は初めから君を知っている
たとえ君に見えなくても 僕はいつでもそばにいるよ
目を閉じて聞いてごらん 誰かがささやく声がする
手を伸ばしふれてごらん すぐ君は僕を見つけるさ

たとえ君がつまずいても 僕は君から離れる事はない
たとえ君がつらいときも 僕は君をひとりにしない
目を閉じて聞いてごらん 誰かがささやく声がする
手を伸ばしふれてごらん すぐ君は僕を見つけるさ

たとえ君が知らなくても 僕は初めから君を知っている
たとえ君に見えなくても 僕はいつでもそばにいるよ

君を守っていくことが 僕の祈りだから
君と共に生きることが いちばん大事な事
君を守っていくことが 僕の祈りだから
君と共に生きることが いちばん嬉しい事
いちばん嬉しい事 

私の大好きな曲、「君のそばに」を作った高奈ご夫妻も仙台在住。
昨日mixiに投稿されていたので、ご無事だということはわかりましたが、
やはり避難されていたようです。 






それぞれに、それぞれの思いが与えられている
今回の災害だと思います。
私も多くのことを考えさせられています。
神の私への計画を感じます。

感謝なことに、今日は体調がとてもいいです。
私のブログを見て、心配して連絡をくださった方々に
感謝いたします。
自分ではない自分を体験していました。
言葉では上手く伝えられません。
ただ、沈んでいた心で、天を仰ぎ見るようにして、
wingsのお二人が神様を賛美しながら作られた「君のそばに」を
思いっきり歌いながら神様を賛美しましたら、頭も心も晴れました。
賛美の力を痛感しました。

祈りによって支えあうことができますように…。



関連記事

消費者に一番近い珈琲屋。

昨晩、某TV局でコーヒーについての番組があるというので、
珍しく10時には二人でテレビの前に。
コーヒー屋にとって特別目新しい情報はなかったのですが…。
今回の取材対象は、大手商社と卸売業者(+老舗喫茶店)の現状。
皆さん確かにコーヒーに携わる方々ではありましたが、
値上げすると一番深刻な一般の消費者に一番近い(と私たちは思っています)
「自家焙煎珈琲屋」の取材はなかったのですね。少し残念。

店主、焙煎中。  
店主は地震後初めての焙煎です。


不安定な毎日が続きます。
皆さまはいかがでしょうか。
私はと言うと、常に頭がフワフワ、フラフラしています。
気分転換のつもりで買い物に行ったドラッグストア内で、
サイレンのような音(時報?)を聞いた瞬間、足が震え
動悸がしました。
今日は一日、TVも見ないで仕事に専念。
頭に刷り込まれた情報から逃れるために。

昨日は多くの方に珈琲豆をお求めいただきました。
今日は、地震後初めて、宅急便での荷物を横浜に
向けて出荷しました。何日かかって着くのか…。

日常を失った方々を思いながら、自分にとっての
日常を無理やり演じている。
そんな感じのある毎日です。
困難、試練を乗り越えた時、
きっと新しい何かが見えるに違いない。
そう信じて。










 

関連記事

本日の営業。

本日の営業について。

珈琲豆の販売は通常通り、行っています。
喫茶につきましては、
一部のアレンジメニューがお作りできないことと、
店内は一部の照明のみ、暖房は切っていますので
その点をご了承ください。
営業時間は午後6時までとさせていただきます。


何卒よろしくお願いいたします。

店主
関連記事

人に喜ばれること。それぞれが出来ること。

一杯のコーヒーを紙コップで手渡す。

「ありがとう」  

 喜んでくださった瞬間。



1995年1月の阪神・淡路大地震(兵庫県南部地震)。
1週間のボランティアのつもりで、3月初め、神戸に向かう。
垂水区内のキリスト教会に寝泊まりし、要請のある働きに
日毎違う場所に向かう。
ある日は、公園で1000食以上の炊き出し。
ある日は、家々を訪ねる。壊れた家では生存者がいないか
声を掛け、足りないものがあるようなら(救援物資のある)
〇〇教会に行ってみてくださいと声を掛けて歩いた。
数日目に、救世軍のコーヒーサービスの奉仕に加わった。
アメリカから持ってきた、煮炊きの出来る大きな車でお湯を
沸かし、コーヒーを入れ、学校の校庭に集まった人達に配った。
「ありがとう」
「ありがとう」
手渡す人みんなにそう言われたような気がする。
震災から約1か月半程経った頃だから、このようなサービス
が特に喜ばれたのではないだろうか。
この日の光景はいまでも忘れない。

1週間の予定を少しだけ伸ばし、確か10日間滞在した。
神戸で見る建物の多くは歪んで建っている。
崩壊している。
市川に戻った時、整然と立ち並ぶ街のビル達に
少し違和感を感じた。

あれから16年。
この東京の地で、東北の地震の余波を共に体感し、今思う。
私は、誰かのために何が出来るのか。
あの時も今も、考えさせられる。
2004年、今のこの店を開店する頃の出来事
  …新潟県中越地震。 
この時にも考えた。
コーヒーを扱うこの仕事が与えられている意味を。
主人が手間をかけ心を込めて焙煎しているこのコーヒー豆を
用いて何が出来るかを。

幸せを感じてもらえる瞬間。
喜んでもらえる瞬間。
その人の喜びが、私の喜びとなる瞬間。

私が今日生かされている意味を考える。
私には、着るものがあり、食べるものがあり、眠るところがある。
この幸せは、私ひとりが握り占めるために与えられている
ものではない。私は、私にできる何かのために、着て、食べ、
睡眠をとっているのだ。
誰かのために、誰かに喜んでもらうために、生かされているのだ。

つらい思いをしている人を想った時、
その人に比べれば、私は恵まれている…などとは表現したくない。
それだけで終わるようなことはしたくない。
つらい思いをしている人を想った時、私に何が出来るのか。
私はそう考えたいと思っている。 
ただ、そんな私の今の体調は万全ではない。
まずそのことを受け止め、このような私に出来ることを…
考え続けたい。



2011.3.12記
関連記事

ご無事ですか。

今まで体験したことのない揺れを感じました。
何度も何度も。

仙台にいる友人が心配です。
海の近くにいる兄のことが、
離れた兄の家族が心配です。
弟家族、仕事に行っているいとこ、
沖縄の海近くに住み始めたばかりのA家…
心配し始めたら終わりません。

神戸の震災を思うとき…、
NYのテロを思うとき…、
この揺れに恐れをなしている自分が
情けなくなります。
店の外では何事もなかったように
犬の散歩をしている人を見かけ、
我に返ります。

どうか、
どうか早く、この地震がおさまりますように。

私たちは、店(家)とともに無事です。
ガラスの置物が少し割れましたが。
明日の営業は未定です。
私の体調次第になりそうで、
申し訳ございません。

関連記事

おつりはピン札、老舗では当たり前か~

タイトルの言葉は、どこかのブログで拝見した言葉なのですが、
おつりをピン札(新券)でもらった時のひと言のようです。

当店も開店当初は新券でのおつりを心がけていました。
しかし、出不精の私のこと、駅前の銀行に行くのも長くは続きませんでした。
今では、なるべくきれいなお札でお返しする、程度にとどめています。

当店のオープン前に私が勉強させていただいた西荻窪のお店でも、
出来る限り新券でお返ししていたように記憶しています。
きっとその影響だと思います、開店当初私がそう心がけたのは。
しかし、しばらくして少し考えました。
こちらは良かれと思って新券でお返しするのですが、新券は2枚が
貼りついてしまうこともあるので、おつりとしてお渡ししたお札をお客様が
どこかで別の買い物の時に2枚出してしまうのではないか… と思いました。
大分前のことなので記憶が定かではないのですが、当店の支払い時に
お客様のそのような光景を見たのか、自分がそのようにどこかでしたのかは
よく覚えていないのですが、いろいろ考えて、結局、今のようにしました。

きれいなお札でおつりを返されれば気持ちがいいのでは…、
今でもその気持ちに変わりはないのですが、当店の場合は、
”老舗のおつりはピン札”…とはいかないようで。




今日の珈琲は、朝、マキネッタで淹れた「ケニアAA」、
午後からは「タンザニアAA」…「ブルーマウンテンNo.1」。
深煎り→中深煎り→浅煎り。
隔月メニューのブルーマウンテンは先月後半焙煎したもの。
こんな感じに、時には2~3週間経った珈琲の味見をします。
日々味は変化しています。今日のブルマン、実においしかった。
*ブルーマウンテンは現在販売していません。次回は4月の20日過ぎです。






関連記事

季節はずれのスイカ。

親しいおばあちゃんの具合が悪いと聞く。

おばあちゃんの好きなもののひとつ…私と同じ…「スイカ」。

季節はずれのスイカを探して、フルーツ店に電話。

新宿のお店では送ってもらえなかったけど、

身近な下町の高級フルーツ店では、たくさんありますよというお返事。

仕事を終え、急いで小岩へ。

そして、おばあちゃんのところへ。

痛みをこらえながらも他人のことを気遣うなんて…

私に出来るだろうか。

神様、痛みをやわらげてください。

あなたのそのやさしい御手がふれて、こころ穏やかに、

弱きところをあなたが強め、あなたを見上げ続けることが出来ますように。



こころは一日、おばあちゃんのことでいっぱいだったこんな日に、
飲んだ珈琲は、朝に、深煎りの「インディア」をマキネッタで。
午後から、珈琲メーカーで淹れた、中深煎りの「コロンビアスプレモ」。







関連記事

寄り添う

メジロのつがい 


寄り添う
 寄り添う 

寄り添う 寄り添う
めじろのつがい。
寄り添う姿に、見とれてしまいます。 



今日飲んだ珈琲は…「インディア」、すっきりとした苦みを楽しんで。
マキネッタで淹れた珈琲も試飲。
マスターは、焙煎後のティスティングとマキネッタの珈琲をほんの少し…
それ以外は、忙しくてほとんど飲めなかったようです。 


関連記事

雪の帽子。

煙突に雪 
春らしくなるのかと思っていたら…朝から雪です。

焙煎機の煙突も、白い帽子をかぶりました。

雪の降る日の雰囲気って大好きです。

もしかしたら、誰も来ないかも…なんて思いながら、

自分たちの珈琲淹れたりして…。

「ニューギニア」ともう一杯、何飲んだかな…

でも本当は、雪の日ってゆっくりできないのです。
 



関連記事

今日のみーちゃん。

みー太くんの洗髪 
ちょっと不思議なこの物体は・・・久しぶりに洗われた、みーちゃんです。

完全室内飼いなので、洗わなくてもいいのではというご意見もありますが、
ベランダでごろごろしていて、ちょっと埃っぽいときもあります。
普段、ブラッシングはしているのですが、少し暖かくなったら洗いたいなぁ
とおもっていたので、本日実行!。

シャワーもドライヤーも嫌いなみーちゃんを洗うのは一苦労です。
早く乾かしてあげようとドライヤーを向けると「シャァー!!」と牙を剝き、
鬼のような形相。ストレスを与えすぎるのもよくないと思い、「後は自分で
乾かしてね」としばらく洗面所に軟禁状態。
みー太くんの洗髪 
洗面所からは「なぁぉ~、なぁぉ~」と悲しげな声が聞こえてきますが、
もう少し乾くまでは出・せ・ま・せ・ん・よ!。

 
関連記事

「サイクロン(集塵機)」でした。

サイクロン 
焙煎中、生豆についていた埃、チャフなどがでるのですが、
そのような塵を集めるための設備です。

本日、お帰り間際のお客様に「アレは何ですか?」と
ご質問を頂きました。
とっさに言葉が出ませんでした。
大変申し訳ございません…「サイクロン(集塵機)」でした。




. 

今日は、珈琲豆をお求めの方がとても少なかったのですが、
店内でお召し上がりの方々で賑わいました。

外には、メジちゃん(メジロ)やヒヨちゃん(ヒヨドリ)も
来てくれて、お客さまには大変喜ばれました。

関連記事

春らしく…

フリージア 
日に日に春らしくなってきています。
先月のことですが、Karinnojijiさまbabaさまより
一足早い房総の春を香りと共に届けてくれるお花を頂きました。
フリージアと言えば、黄色や白と思い込んでいましたが、
少し濃い色のピンクです。
黄色のフリージアは、「卒業式」を連想させます。
私だけでしょうか…。

いつもいつもいただくばかりで、何もお返し出来ずに申し訳ございません。
皆さまのご家庭付の珈琲屋として、これからも努力をいたしますので
気持だけのお返しとさせていただきます。





関連記事

うどんのまるしん、「肉南蛮うどん」。

まるしんさんのおいしいうどん 
場所は、神田駅から靖国通りに向かう新幹線高架下。

「うどんのまるしん」

色味が地味なので、私の写真ではおいしさが伝わりづらいと思うのですが、
私たち、ここのうどんが大好きです。
お店のメニューを何種類か試しましたが、今のところ、専ら「肉南蛮うどん」。
途中から、柚子胡椒を加えます。
Masahikoさんは、揚げたてで出される「ちくわ天」を必ず頼みます。
「散歩の達人」に紹介されたという話を聞いた時は、すぐに購入して店内の
雑誌コーナーへ。Masahikoさんにしては珍しく、いろいろな方にせっせと
ご紹介していました。

こんなこと書いてたら、無性に食べたくなってきた~



関連記事

屋根裏もどき。

屋根裏もどき…
模様替えが大好きだったわたし…。
過去形なのは、今は、模様替えする時間も取れないので、
最近はほとんどしていないから。

しかし、思い立って模様替えしました。
寝室の延長の一角が書斎コーナーに変身です。
我が家では、本棚が「キャットタワー」を兼ねていますので、
まずはみーちゃん用の本棚製キャットタワーが優先です。
そのために動かせる制限もあるのですが…。

屋根裏もどき
窓の外に見える屋根の勾配のせいで、「屋根裏部屋」に
いるような錯覚を起こします。

居心地のよい空間が出来ました。

関連記事

まーちゃん5号のお土産。

テラサワ 生クリームコロネ  テラサワ 

浅草「テラサワ」の生クリームコロネ。
大分前からお話は伺っていたのに、なかなかお店には伺えず…。
情報の配信元、”まーちゃん5号”が、お土産にお持ちくださいました。
まず袋がいい感じですぅ。(写真をクリックで拡大)

ピカピカのパン生地に口どけの良いクリームがたっぷり。
クリームと一緒に私もとろけてしまいます


テラサワ チョココロネ テラサワ チョココロネ 
チョココロネは、姿が愛らしい。
細く、くるくると…、どこから食べたらいいかわからず、とりあえずエイっ。
ん~懐かしのチョコです。 Masahikoさんお気に入り。
でも、もちろんどちらも2重丸。ごちそうさまです。おいしかったです!。


先日の「まーちゃん5人衆」のお話の後、「まーちゃんで~す」と入ってこられた
東京千葉広域特派員Mr.Hさま。
順番からいくとどんな順番なんだ)、「5号だねっ!」ということで、
「まーちゃん5号」となりました。

またひとつお気入りのおやつが増えました。ありがとうございます。

関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。