2012-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くつろぐ

くつろぎ 
彼の見つめる先は…

何を思っているのか

な~んて、ただくつろいでるだけかなぁ…





関連記事
スポンサーサイト

豆は冷房、人は無冷房。

休日。
休む日と書きますが、やらなければいけないことはくさんあります!
さて何を選択しましょうか…。
今回は、少し気分を変えたくて「お掃除&模様替え」を選びました。
気がのらなければ、なかなか手を付けられない性分。 
ようやく、という感じです。

模様替え
以前「パソコンコーナー」だったところをすっきりさせました。
大分昔から持っている一人ソファも、布製ということでみーちゃんの
爪とぎの餌食になってしまい、ボロボロです
もう使わないかなぁ~と思いながら、なかなか捨てられない。
なぜ捨てられないのかと考えると、10年位前に西新宿パークタワー内
で行われていたアート展が原因のようです。
古い椅子が何十と並べられ、確か、一脚一脚の説明(思い出)が
書いてあったと思います。
猫にひっかかれたボロボロの椅子もありました。
おぼろげながら記憶に残るその光景が忘れられず、
この椅子もいつかみーちゃんの思い出になるのかしら、
なんて考えると捨てることができません。
(あぁ~みーちゃんがいなくなることなんて考えたくはありませんが!

*猫が居ると爪とぎなどで家の中がボロボロになる印象の方も多いかも
しれませんが、うちのみーちゃんは壁などで爪を研ぐことはありません。
基本は段ボールで出来た爪とぎを使っています。
なかなか良い子だと思います…お、親馬鹿です。 

 

当初は冷房をつけて掃除しようと思っていましたが、風の抜ける日でしたので、
冷房なしで一日中あちこち家の中のお掃除や模様替えをいたしました。
しかし、大きく様変わりしたわけではありませんが。
でも前々からやりたいと思っていたことが出来たので気分もすっきり!。
汗をかけばシャワーを浴びて…こちらもすっきり!。

お豆様
人間は冷房なしで過ごしましたが、
店は室温があまり上がらないように冷房を入れています。
コーヒー豆の品質管理上、温度の管理も大切です。

我が家のコーヒーは、「お豆様」扱いでしょうか。 



関連記事

とうもろこし。

伊奈のとうもろこし 
(夏は嫌いですが)スイカとうもろこしは大好きです!。

昨日、長野のA野さんからうれしいものが届きました。

昔、BBQの時に皮つきとうもろこしをホイルで包み、炭の近くに置いて
みましたが、それがなんとおいしいこと!。
おかわり!おかわり!でした。
その後やろうとして野菜売り場を見ても、皮はすべてか一部分剥して
いるものばかりでなかなかできません。
このとうもろこしならできるな…。やろうかな…。いつ…?。
届いたとうもろこしはいろいろに楽しさを膨らませてくれます。

以前伺ったことのある伊奈を思い出しながら、いただきま~す!。











関連記事

「アイスコーヒー」と「アイス・マンデリン」

アイスコーヒー 
・アイスコーヒー¥500 ¥550  ・アイス・マンデリン¥550   ¥600 

どちらもアイスコーヒーです。
通常のアイスコーヒーは「深煎りFrenchRoastのイタリアンブレンド」を、
アイス・マンデリンは「FullCity Roastのマンデリン・ブルーバタック」を
使っています。


当店のマンデリン・ブルーバタックで作るアイスコーヒーも是非お試
しください。通常のアイスコーヒーよりも少し焙煎が手前なので苦み
も軽く、口に含んだ後、ふくよかな香りが鼻に抜けて余韻を楽しんで
いただけることと思います。



関連記事

ギボウシ(擬宝珠)

ぎぼうし 
今年もギボウシ(擬宝珠)がたくさん咲きました。

多年草なので毎年楽しめます。

勝手に増えてくれて、より楽しめます。

我が家に植わっているものは、基本的に手がかからないものばかり。

私の面倒見が悪いので、生き残ったものたちです



関連記事

純国産鶏「もみじ」の卵。

卵白の力  
当店では、純国産鶏「もみじ」の卵を使っています。

「国産鶏」と聞いて少し調べました。
現在、日本に出回っている卵を産んでいる鶏のおよそ94%は
外国産「種」の鶏ということなのです。
純国産はわずか6%。
この「もみじ」は、曽祖父母の代までさかのぼっても日本生まれ
の日本育ちとのこと。
ん~なんだか「卵」も奥が深いです…。

一般的に黄身の色が濃いと栄養価が高いかのようによく言われ
るのを耳にしますが、果たして本当なのでしょうか。
初めて「もみじ」の卵を使った時、黄身の色がレモン色のようで、
普段オレンジ色の黄身に慣れていた私には衝撃的でした。
黄身の色は、飼料に色素を混ぜることで調整できることだと知った
時は、これまたびっくりでした。
今はレモン色の黄身を見ると何故かホッとします。
生活クラブのたまご たまご
(黄身の色が濃いものすべてが飼料に色素を混ぜているかどうかは
 わかりません。 すみません。)

私の中でひとつはっきりしていることは…、
思うところあって、スーパーで売られている卵は買いません。

一時期、「平飼い」や「有精卵」などに関心がありましたが、
何を一番大切にすることがよいのか、ますます考えさせられます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

国産鶏とは…
「国産鶏」は日本の気候風土に合うように何世代にもわたって育種改良
された鶏。 岐阜県にある(株)後藤孵卵場が《種》を保有し、国内で持続的
な開発を続けてきました。これなら農場から食卓までの生産履歴が確認
できるだけでなく、飼料管理の方法やワクチン投与などの生産情報も開
示することも可能です。ところが、これに対して「外国産」の鶏は品質より
も数を産むこと(産卵率)を重視する育種改良から生まれ、生産履歴など
の情報もすべて企業秘密。その《種》もヨーロッパに本部を置く多国籍資本
2社が"独占"しています。
*「地鶏」とは違います。

参考までに→ 生活クラブ   後藤孵卵場



関連記事

「そこに自分の考えはあるか」

昨晩の「クローズアップ現代」(NHK)のタイトルは、

『”そこに自分の考えはあるか” 音楽評論家・吉田秀和の遺言 』

というものでした。

この方に興味を持ちました。

何か著作を読んでみたいと思いました。

しかし、好んで音楽を聴かない私には、

いささか畑違いのようでしたが…。












関連記事

みーちゃんのごはん。

みーちゃんごはん みーちゃんのごはん
みーちゃんのごはんは、ドライフード通称カリカリです。
以前は一種類のみでしたが、数年前より2種類を混ぜています。
メインだけをお皿に入れても食べません。
今朝は、寝坊のマスターに代わって珍しく私がごはんをあげましたので、
ちょっと意地悪してしばらくそのまま待ちましたが…食べません。
我が家では「ふりかけ」と呼んでいるシラス入りのものを少量混ぜ合わせると
途端に食べ始めます。
みーちゃん、それってどうなの?。




関連記事

紫陽花…その先。

紫陽花の最後? 
長い間楽しませてくれた紫陽花の花を剪定しました。

丁度そこを通りかかった方からお声がかかりました。
紫陽花のドライフラワーでリースをお作りになりたいとか。
今までなかなか成功しないそうです。
よろしかったらお持ちくださいと申し上げました。
お役に立てるようでしたらうれしいのですが。




関連記事

時価?

黒板メニュー 
値段を書き忘れました。

値段を聞かれたマスターは「高くないと思います」と答えたようです

ということで、チーズケーキは「時価ってことにしましょうか!?」 。





関連記事

不定期焙煎「ハワイ・コナ エクストラファンシー」…+日々のこと

キューバとハワイコナ 
*右がハワイ・コナ

不定期焙煎 数量限定です。
ハワイ・コナ エクストラファンシーを焙煎いたしました。
¥600/杯    ¥1200/100g 

以前の記事→「ハワイアンを聴きながら




日々のこと… 7月20日:「シジュウカラもどき?。」




関連記事

シジュウカラもどき?。

窓辺 

今朝、普段あまり聞かない鳥の声を聞きました。
みーちゃんと一緒に2階の窓からしばし桂の木に注目。
…いました、いました、シジュウカラのような…鳥が。
以前にも見かけた鳥たちです。
虫を採って食べているようです。
捕獲した獲物を枝にぺしぺしと叩きつけています。
桂に虫がいることは残念ですが、食べてくれる鳥がいることは感謝です。
(虫には悪いのですが


シジュウカラやヤマガラ、ヒガラなど最後にカラとつく仲間をカラ類と
呼ぶようで、多分このこの鳥もカラ類だと思うのですが、名前をなんと
いうのでしょう。(私は「ハーフ」かと思っているのですが…。 )
この鳥は?
今日は写真を撮れなかったのですが、以前の写真を探しましたら、
昨年7月27日付けで書いていました。
…ということは、丁度一年前のことなのですね!
本当にかわいい子たちでした







関連記事

アフリカ3兄弟、ということになります。



不定期焙煎にしていますケニアを焙煎いたしました。 
ということは、「アフリカ3兄弟」ということになります。

・KENYA /ケニア AA(深煎り)
         ¥500/杯  ¥700/100g
MALAWI/マラウイ・カンガ(深煎り)…常時あります  
         ¥500/杯  ¥600/100g
・TANZANIA/タンザニアAAキボ(中深煎り)
         ¥450/杯  ¥600/100g

★それぞれの特徴がよくわかりますのでこの機会に
  是非お試しください





以前の記事→「
アフリカ3兄弟
以前の記事→「
アフリカ4兄弟
*価格は変更していますのでご注意ください。





ケニアは、個人的にもとても好きな豆なのですが、いくつかの事情
により豆の値段が高騰し、以前のように使うことが難しくなりました。
そのため、不定期での焙煎にしていますが、魅力的な豆ですので、
これからも焙煎し続けて行きたいと思っています。
一度召し上がってくださった方には 大変人気のある珈琲豆です。
初めての方は、この機会にどうぞお試しくださいませ。 




関連記事

暑い焙煎室で、日々熱く焙煎しています。

焙煎後の冷却 
先月もお話ししましたが、「焙煎室の中は暑い」です
先月もお話ししましたが、「香りをお届けできないのがほんとーに残念」です

最近は外気温も暑い!。ようやく夏本番です。 
皆さまに喜んでいただけるように、マスターMasahiko、本日も焙煎しました。
自宅部分はかなりの節電モードですが、店は冷房を入れてお待ちしています。


最近は暑さの影響でしょうか、手軽に作れる「水出しアイスコーヒー用コーヒー
パック」 が好評です。
高田造園設計事務所の高田さんは、毎日当店の水出しアイスコーヒー持参で
お仕事の現場に行かれるようで、 お供できて光栄です!。
(高田さんの熱い思いの伝わる「作庭日記」がおすすめ→こちら
カフェバッハ(師匠の店)のサイトにこのような方法を発見。→アウトドア編
少しの甘みを足すことはGood Ideaです




関連記事

言い回し。

くつろぐ 

ブログなどで他の方の文章を読んでいると、
「××する方も…少なくないです」という言葉で「?」。
××する方が少ない?いやいや、多いということ?
「…少なくありません」
少ない?いやいや、多いの? 

普段、私自身はこのような言い回し使わないので、
そのような言葉に出会うと何度も読み返してしまいます。
わたくしのこと馬鹿だと思われるかもしれませんが… 

言い回しは人それぞれ。
頻繁に使う言葉もありますので、文章にはその人らしさが出ると
いうことでしょう。

…と言うことは、私にも「お決まりの文句」があるのでしょうか。
果たして、「私らしく」使われているのでしょうか。

どうでしょう…。


P.S座るつもりで広げた椅子も、目を離すとこんなことに…。
  みーちゃんが先にくつろいでいます




関連記事

美麻(村)の野菜。

標高800mのキャベツ  
美麻で採れたキャベツ。
現在は大町市に編入されたそうですが、6年前までは美麻村という村
だったそうです。 きれいな名前です。 
私の旧姓に「麻」が付いていたことと、「麻」の生地が好きなので親しみ
を感じます。 

きれいな「無臭ニンニク」
無臭にんにく 

月曜日の休日。
キャベツとにんにくを使って、母に得意の餃子を作ってもらいました。
母のぎょうざ 
ご馳走さまです!





関連記事

休日の長野行き。

みつばち 
休日の朝。

目指すは、長野の大町。

片道300㎞。  久しぶりの遠出です。

目的は、ミツバチに会いに…。いえいえ、違います

手打ち蕎麦、美麻(標高800m)の野菜、自家焙煎珈琲、
源泉掛け流しの温泉、ビザ&パスタ…

日帰りにしては結構堪能しました!
 
往復600㎞強。

無事に帰りました。

感謝です。



関連記事

不定期焙煎のお知らせ。「中煎り エチオピア・モカ」

・Medium Roast(中煎り)  
 エチオピア・シダモW・イルガチェフG2(モカ)
  ¥500/Cup     ¥700/100g
→完売です。次回をお楽しみに!。

エチオピア・シダモW・イルガチェフG2は、
 「中煎り」と「中深煎り」の2つの焙煎度合いに
 煎り分け、販売しています。(不定期)
 焙煎の度合いにより、香りや味は変わります。
 お好みでお買い求めください。




関連記事

研修の後の土産。

OMIYA1 OMIYA2
本日、マスターはバッハコーヒーにて研修。
 
帰り道、どこかでお昼ご飯を食べてきていいよ~と言いましたら、

神田「まつや」で蕎麦となったようです。

私たちの好物、「神田志の多寿司」は本日定休日。

そうなると…彼は買ってくると思いました、ここで。

なんだか憎めないケーキです。

ドアに手をかけると、つい引き寄せられてしまいます。

味ではない何かがそうさせます








関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。