2013-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご来店ありがとうございます。

昨日今日と、コーヒーを自家焙煎されている方が
お客さまとしてお越しくださいました。

昨日の方は、豆売りのみのお店。
本日の方は、以前からコーヒー店(喫茶店)を
営まれていたそうですが、
現在は自家焙煎に変えてのお店を営業。

開業地も全く違い、経験や年齢も違うと思うのですが、
どちらの方も、生活の中での「一杯のコーヒーの大切さ」を
ご存知の方と感じます。

この時代、「コーヒー」は注目の飲み物です。
ビジネスライクに関わる方も大勢いらっしゃるのでしょうが、
昨日今日と訪れてくださった方々のように、
「一杯のコーヒーの大切さ」を知っているコーヒー屋に、
当店もなりたいと思います。

そんな私にとっての一杯のコーヒーは、
自分の時間、誰かと語らう時間の、大切な飲み物です。
だからこそ「よいコーヒー」を作り、おいしいと感じたい。
生産者が一生懸命作った一粒一粒ですもの、
焙煎や提供方法で「よりよいコーヒー」に仕上げたい。
ひと口含み、すとんと胸に落ちて、
ホッとするような一杯があれば… 最高です。
そして、当店のコーヒーに触れる方々が、
あのコーヒーおいしかったなぁと思って頂ける、
もっと大きいことを言ってしまえば、
「思い出になる一杯」を目指しています。

心で感じた一杯は、よき思い出の一頁です。
私にもそのような一杯があります。

あなたにとっても、
そんな一杯があることでしょう。








関連記事
スポンサーサイト

ミル違い。というか、粗さ違い。

朝のこと。

いつもの店の電動ミルで深煎りのコーヒー豆を挽き、
味見をしようとしました。
手挽きのミルでひいたものも淹れてみようという気になり、
一緒に。

挽いたコーヒーを見比べると、
手挽きのミルは粗めにセットされていたようで、
かなり違いがありました。
このくらい違いがあると味にも影響が出るでしょう。

コーヒー豆は共に深煎りの同銘柄
量は18g
お湯の温度は83度
抽出はハンドドリップ(ペーパー)

さてさて、お味はと申しますと…
私が思いますに、
手挽きのミルで挽いた粗めの方が
(この時の電動ミルと比べてですが)
よりまろやかに感じました。
大きく違うかと言われれば、
そこまでではありません…。

ミルの違いというより、粗さの違いと思いますが、
(他の条件が一緒でも)このような違いを改めて感じてみると、
皆さまが淹れ方に悩まれるのもわかります。
アドバイスする側にしてみますと、
このような検証は大切です。

ご家庭でのコーヒー一杯は、
ホッとひと息つくためのものであることも多いでしょう。
そのようなコーヒーは、淹れるという行為を追及しすぎることなく、
是非楽しんでいただきたい。
そのためにはまず「よいコーヒー豆」を手に入れることが
すべての近道。

どうぞ当店にも足をお運びくださいませ

*どのようなコーヒー豆を使うかということには全く関心がなく、
「淹れ方だけ」でおいしいコーヒーが入ると思っていらっしゃる方が
本当に多いのです。 是非「素材」に目を向けてくださ~い!。






おまけのお話。

手挽きのミル
断然好きという方と、
「持ってるけど面倒くさくて…」という方。
仕舞い込んだままの方は、
どうぞ見直して上げてください。 


ポコポコ
お湯が沸くのを感じながら、
カリカリ
ゆっくりと
香りを楽しみながら
コーヒー豆を挽いてみましょう
時間が
ゆっくり過ぎていくようで
一杯のコーヒーが
楽しくなりそうです












関連記事

不定期焙煎 「コスタリカ」と「タンザニア」

不定期焙煎と準不定期焙煎?銘柄の焙煎をいたしました。


Specialty Coffee 
中深煎りCity Roast 
コスタリカ・グレースハニー
ウエストバレー・ロマスアルリオミル・ジャノボニード地区
¥550/杯  ¥750/100g

  *ハニーとは、精製方法のことです。
   赤く熟した完熟豆の果肉を取り除いた後のヌルヌル(ミューシレージ)を
   どの程度残して乾燥させるかで、味に微妙なニュアンスの違いが生まれ
   ます。ミューシレージがコーヒー豆にほのかな甘みやハチミツのような
   風味を加えます。
   別名「ハニーコーヒー」、日本では「ハニー仕立て(製法)」。
   =パルプドナチュラル(半水洗式)とも言われます。


タンザニアAA(キリマンジャロ)
¥500/杯  ¥600/100g


どうぞお召し上がりください。







関連記事

不定期焙煎 中煎り、深煎り 「エチオピア・シダモW・イルガチェフG2(モカ)」

今回のエチオピア・シダモW・イルガチェフG2(モカ) は、
中煎りMedium Roast と 深煎りFrench Roast 2段階で焙煎しました。
同じ豆を焙煎違いで、香りや味の違いをお楽しみいただけます。
お試しくださいませ。 
  ¥550/Cup    ¥750/100g





エチオピア・シダモW・イルガチェフG2は不定期に焙煎しています。
  月の初めの5日頃に「中煎り」、
  あとは「中深煎り」と「深煎り」で時々。
  焙煎の度合いにより、香りや味は大分変わります。
  お好みでお買い求めください。
  お取り置きもいたしますのでご連絡ください。








関連記事

ご無沙汰いたしました。

修理の終わったパソコンが昨日戻りました。

パソコン(インターネット)を使うようになって約14年。
全く使わなかった14日間というのは初めてです。

今時はパソコンがなくてもスマートフォンなどで情報を得ることが出来たり、
数台お持ちの方もいるのでしょうから、パソコンが1台壊れたくらいでは
皆さん大騒ぎしないのかな。 
しかし、当店では、印刷物やシールなどを作っているので、パソコンがないと
大変なことになります。 しかも1台ですから!。

とは言いながら、この2週間、なんだか幸せでした。
パソコンを開けてしまえば、見ようと思ったもの以外をついつい見てしまい、
時間があっという間に経ってしまいます。
便利さを味わっているような、時間を無駄遣いしているような、そんな時が
多くありました。
なければないで、他のいろいろなことに時間を費やすことができるんだなぁ
と改めて実感。

私たちは「携帯電話止まり」の人間なので、
パソコンが壊れた=世間が急に狭くなった気がします
でも、そもそも、インターネットのお蔭で世間が広くなったと思っていること
自体が気のせい?…そうとも感じます。

日々当ブログをご覧くださっている方々には、本当に感謝しています。
その方たちを想像しながら…、
いつかお会いできることを期待しながら…、
便利なものと思える範囲で使っていきたいと思っています。










関連記事

パソコンが壊れました。

金曜日の夕方、パソコンの電源が入らなくなりました。

またまた修理に・・・

ということで、当ブログもしばらく更新できなそうです。

(これは友達のパソコンでの投稿で〜す。)












関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。