2014-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お赤飯、できましたぁー!

SEKIHANN 

これって、多分、「現実逃避」です…


先々週から、お稲荷さんにかんぴょう巻き、そして今度は、お赤飯。

やるべきことをやらないで、こういうものをせっせせっせと作っています。

こうなったら、あとは…「饅頭」に「みたらし団子」でしょうかね。

本業が不景気だからと言って、珈琲屋にはあり得ないメニューが増えたり、

商売替えを企んでいるわけでは決してございませんのでー!!。


つい買ってしまうようなものも家で作れるだろう!(私に作れる?)と思ったことが

きっかけで、 昨年あたりからいろいろ作り始めました。

(作るのが当たり前!という方には、スミマセン!)

基本的には、Masahikoさんの好物の物ばかりですが…

赤飯2 
とは言っても、ちょっと手抜きをしてますけどね!!。




あっ!またこんな記事書いてしまったー
こんな記事を喜んでるのは、Masahikoさんぐらいだと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コーヒーで胸焼けしますか?

庭の緑とともに…

よいコーヒー」とは、欠点豆のない良質な生豆に
適正な焙煎を施し、煎り豆が新鮮なうちに正しく粉砕、
抽出されたコーヒーのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コーヒーに関してよくお聞きするひと言。
「コーヒーを飲むと胸焼けするんです。(…だから、紅茶なんです)」


わたしは胃が丈夫だからか、一度もそのような経験がありません。
(私自身はアレルギー体質ですので、体調を崩されると仰る方には
体が弱い方もいらっしゃるということは考慮しての発言です)


「どうぞよいコーヒーと出会い、今一度お試しください。」 



 




関連記事

自分で焼いた珈琲豆は愛おしい。

自分で焼いたコーヒー豆は愛おしい

コーヒーの煎り豆の味は、焙煎して終わりではありません。 

ご来店のお客さまには日頃からお伝えしていることですが、

火を通したコーヒー豆は、日々変化していきます。

先日、手網焙煎したコーヒー豆も刻々と変わっています。

日毎の変化を知ろうと、テイスティングです。

左の二つのカップは、マスターが朝焙煎したコーヒー。

その一つは、「コスタリカ・グレースハニー」。

並べてテイスティングしていたら、

「自分で焼いたコーヒー豆は愛おしいねぇー」と口から出てしまいました。

するとマスター。

「でしょ。」

そんな気持ちで焙煎してたんだぁと、今更ながら気付くわたくしでした。

マスターのコツコツコーヒー

どうぞお召し上がりくださいませ。

5月24日記


関連記事

インターネットにつながりません…。


復旧いたしましたので、インターネットにつながります。お騒がせいたしました。5月28日(水)



パソコン本体の不調ではなく、モデムか回線が不調の様子・・・。

ということで、インターネットにつながりません。

店のお知らせも滞るかもしれません。

(他に通信機器を持っていませんので、申し訳ございません)

御用の方は、03-3677-5223にお電話ください。

何卒よろしくお願いいたします。


P.S 一時つながったので、この記事を投稿しましたー!






関連記事

瑞江 「すのだずし」

瑞江 すのだずし 
先週から熱心に行っていること。

それは、稲荷寿司の揚げとかんぴょうを煮ること。

何度か火を入れてみたり、その度に少しづつ稲荷寿司とかんぴょう巻きを

作ってみたりして…。

Masahikoさんに付けられた名前は、「瑞江 すのだずし」。

・・・志乃多寿司(しのだずし)が訛った模様

まだまだ納得のいく味ではないので、道のりは長そうです。

これくらいの熱心さがコーヒーにも必要ですねっ!。



…あれ? やっぱり今日もこんな話題






関連記事

手網焙煎。(たまにはコーヒー屋らしい話題を!)

手網焙煎1
休日の月曜日。
ふと、「手網焙煎」をしたくなりました。

「コスタリカ グレースハニー」を中深煎りあたり、
そして、「ブラジル ウォッシュト」は深煎りあたりを目標に焙煎開始。
どちらも100g以下でしたので、10分もかからずに仕上がります。
シャカシャカと網を振ると、生豆に火が通り始めた独特の香り、
一ハゼ、二ハゼのパチパチという音。
ブラジルは一ハゼの音も聞き逃してしまうほど小さい。
香りから想像する煎り具合い。
5kg釜焙煎機を使ってのマスターのていねいな焙煎も「手作り」ですが、
こちらの「手網焙煎」は本当に手作り感たっぷりです。
とにかく手動でシャカシャカですから…。

なかなかの焼き色になりました…自画自賛~!。
手網焙煎士と名乗りたいくらい!。
しかし、外見の色味だけでは中の火の通り具合いはわかりませんので、
最終的にはテイスティングです。
手網焙煎2


焙煎後のハンドピックはマスターにしてもらって… 
手網焙煎3
 
手網焙煎4 

手網焙煎5 
抽出はわたくしが。

コスタリカ・グレースハニーは、酸味が少し強いかなぁ~、
でも「よい酸味」を楽しめます。
ブラジルウォッシュトは、ほんのりスモークの香りのする、
甘みも感じられる苦みに仕上がりました。
煎り止めが数秒違うだけで味の変化は大きく、余熱も含めて、
手網での焙煎はいつも同じ味を目指すことには全く不向きです。
再現性を重視し、安定した味作りを目指すいつものBLESSmeのコーヒー
(マスターの焙煎するコーヒー)とは違いますが、
時にはこのような焙煎で楽しんでみるというのも、なかなかよいものです。
ホント、楽しかったぁ~!。

手網焙煎6 
焙煎し終わって味見もしてみて感じたことは、コーヒーの味は珈琲豆で
決まるということ。 やっぱり素材(良質なコーヒー豆)が大切です。
(悪い素材をおいしいものに仕上げようと思っても、
それはやはり無理というもの…。)
当店では、良質なコーヒー豆をさらにハンドピック(欠点豆を取り除くこと)
していますが、それが実感できました。
生豆を整えることは、味を作る第一歩。
これからも小さなことをコツコツと、手を抜かずに行っていきます。
マスターの「コツコツコーヒー」飲んでくださいね~!



実はこの日思いついた「火遊び」はこれだけではなく… 
第二弾の、炭焼きBBQへと続きます。  

夕食には、炭火を熾してベランダで炭火焼。
新聞紙を小さくねじって井桁に重ねて周りに炭を置き火を付ける、
という方法を、どうしても試したくなってしまって。
こんなことをしていると、火を使って何かをするというのは、
人として原点に立つような気がして、結構ストレス発散になります。
やっぱり熱源は、電気より「」がいいなぁと思わされた一日でした。
 

…たまにはコーヒー屋らしい話題を!と思ったのに。
やっぱり違ってる?。












関連記事

検索『ヤンママ 過ごし方』 …?

使用しているFC2のブログに、アクセス解析という機能があります。

ふとその中の「検索キーワード」というものが気になり、見てみました。

そこには、『ヤンママ 過ごし方』という言葉。

その言葉で当ブログがヒットしたということ?!。

気になります。 
 
早速、検索してみます。

検索結果の一覧の中に、当ブログの2010年4月14日の記事がありました。

クリックしましたが、その記事が見られません。

あっ!

修正する際に非公開にしたまま、「公開」するのをすっかり

忘れていたようです。 気付いてよかった。

しかし、その記事を見直しましたが、

『ヤンママ 過ごし方』という言葉はありません。

よーく見てみると、「丸太小屋の親爺さま」のコメント内の言葉でした。

この言葉に反応したのね…わかってすっきりしました。


でも、今回のことでひとつ気付かされたことがあります。

検索で一覧が出たときに、内容が数行表示されるのですが、

そこには、私の文章のあとに親爺さまのコメントがつながっていて、

まるでひとつの文章のようになっていました。

今回のように記事自体が非公開になっていて、

記事内の文章が読めないとなると

まぜこぜになった文面が、まるで私が書いたことのように

なってしまうのです。

そのような危険があるのだということを知り、少々複雑な気分になりました。

このような手段(ブログなど)を使うということは、

間違って受け取られたり、誤解を受けることがあるということを

再認識させられました。









関連記事

梱包サイズはきっちりと!。

cafeBLESSmeは自家焙煎のコーヒー豆売り店です。

焙煎後の鮮度のよいコーヒー豆を、

店頭で販売する他に、

全国どこへでも「クロネコヤマトの宅急便」にてお送りしています。


しかし、そのヤマト運輸さんより、この春から、

梱包サイズの厳守を通告されました!。

ということで、当店の荷物で一番多い、

3辺合計60cmの60サイズ(2kg以内)を作るときは必死です

だって、ドライバーさんが目の前でメジャー出してきっちり図るんですもの。

でも、結構きっちり好きの私としては、 嫌じゃなかったりして…。


中身に支障がないことが大前提ですが、

出来るだけお客さまお支払いの送料が高くならないようにと思っています。

ですから、こちらもきっちりやりますから、

(=^・^=)親猫が子猫を丁寧に運ぶように…、

ヤマトさんもきっちり丁寧に荷物を運んでくださいね!。

よろしくお願いしま~す!。 














関連記事

「FANTANIMA! 2014」 丸善・丸の内本店4Fギャラリー にて

 
↓終了いたしました

FANTANIMA!  2014

今年も世界の楽しい動物作品が集まります! 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友人のOxana(オクサナ)さんが3点出展しています。
GWの中休みに彼女の”きもかわいい(死語?)”世界を
楽しんでくださ~い!。

Webサイト 
ArtistをクリックしてJAPANの上から2段目の一番左が
彼女の紹介です。ご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月30日(水)~5月6日(火・祝)
9:00~21:00(最終日は16:00まで)
丸善・丸の内本店4Fギャラリー
東京都千代田区丸の内1-6-4  oazo内
TEL:03-5288-8881  
 
 


                                      


                                
関連記事

お知らせ。『お子様の当店ご利用について』

お子様の当店ご利用について、お知らせいたします。

喫茶ご利用について、
小学生未満のお子様(乳児含む)をお断りすることにいたしました。

但し、申し訳ございませんが、
”小さな常連さん”のJ君とA君のお二人は
例外とさせていただきます。
(お母さんのお腹の中にいる時からの
お付き合いですから…) 

 コーヒー豆のご購入の際はどうぞお入りください。

このような決断に至るまでは長い間考えました。
何卒ご理解下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

カフェブレスミー 店主 



追伸
今回このように決めましたのは、
子ども達に騒がしくされたという理由からではありません。

静かな時間を過ごしていただきたいという当店の願いを
ご理解くださっている方々ばかりだったからか、
「静かに過ごす場所」ということを教えていただくために
お使いください、と申し上げていたからか、
開店から約10年間経ちますが、
どちらのお子様にも騒がしくされたことはありません。
(むしろ大人の方の方が…
 
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。