2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミル違い。というか、粗さ違い。

朝のこと。

いつもの店の電動ミルで深煎りのコーヒー豆を挽き、
味見をしようとしました。
手挽きのミルでひいたものも淹れてみようという気になり、
一緒に。

挽いたコーヒーを見比べると、
手挽きのミルは粗めにセットされていたようで、
かなり違いがありました。
このくらい違いがあると味にも影響が出るでしょう。

コーヒー豆は共に深煎りの同銘柄
量は18g
お湯の温度は83度
抽出はハンドドリップ(ペーパー)

さてさて、お味はと申しますと…
私が思いますに、
手挽きのミルで挽いた粗めの方が
(この時の電動ミルと比べてですが)
よりまろやかに感じました。
大きく違うかと言われれば、
そこまでではありません…。

ミルの違いというより、粗さの違いと思いますが、
(他の条件が一緒でも)このような違いを改めて感じてみると、
皆さまが淹れ方に悩まれるのもわかります。
アドバイスする側にしてみますと、
このような検証は大切です。

ご家庭でのコーヒー一杯は、
ホッとひと息つくためのものであることも多いでしょう。
そのようなコーヒーは、淹れるという行為を追及しすぎることなく、
是非楽しんでいただきたい。
そのためにはまず「よいコーヒー豆」を手に入れることが
すべての近道。

どうぞ当店にも足をお運びくださいませ

*どのようなコーヒー豆を使うかということには全く関心がなく、
「淹れ方だけ」でおいしいコーヒーが入ると思っていらっしゃる方が
本当に多いのです。 是非「素材」に目を向けてくださ~い!。






おまけのお話。

手挽きのミル
断然好きという方と、
「持ってるけど面倒くさくて…」という方。
仕舞い込んだままの方は、
どうぞ見直して上げてください。 


ポコポコ
お湯が沸くのを感じながら、
カリカリ
ゆっくりと
香りを楽しみながら
コーヒー豆を挽いてみましょう
時間が
ゆっくり過ぎていくようで
一杯のコーヒーが
楽しくなりそうです












関連記事

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

ご来店ありがとうございます。 «  | BLOG TOP |  » 不定期焙煎 「コスタリカ」と「タンザニア」

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。