2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Gift of Christmas. “赤ん坊はどこですか”



images

赤ん坊はどこですか。
聖書のみことば:イザヤ書7:10−14




処女がみごもっている。そして男の子を産み、その名を『インマヌエル』と名づける。
イザヤ7:14

          


最高のおしゃれをしたふたりの女性が、高級レストランで昼食をしていました。

それを目にしたもうひとりの友人が、挨拶をしにテーブルまでやってきました。

「何かお祝いごと?」ときくと、婦人のひとりが言いました。

「うちの子の誕生祝いをしているの。今日で二歳になるのよ。」

友人は尋ねました。「それでお子さんはどこにいるの。」

すると、彼女は言いました。

「実家に預けてきたの。お祝いが終わるまで、母が面倒見てくれているわ。

あの子が一緒だと、ちっとも楽しめないもの。」

本人を招かない誕生パーティーとは、何とおかしな話でしょう。

しかし、ちょっと考えてみると、私たちは同じくらいおかしなことをしがちです。

クリスマスシーズンに、さまざまなことを楽しんでも、

その誕生を祝っているはずのイエス・キリストを思い出さないことです。

パーティーに行ったり、プレゼントを買ったり、家族が集まったりして、

あれこれ忙しく過ごすうちに、誰の誕生をお祝いしているのか忘れてしまいます。

多くの人がそのようにクリスマスを祝っています。

このクリスマス・シーズン、主イエスを置き去りにして、家族や友人と楽しまないでください。

受けるべき当然の誉れが、イエスにささげられますように。(RDW)


          

『デイリーブレッド』
クリスマス・エディション“クリスマスの贈りもの”より
RBCミニストリーズ許諾番号113006−001号





関連記事

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cafeblessme.blog42.fc2.com/tb.php/1457-67274d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

The Gift of Christmas.  ヨハネの福音書3章13〜17節 «  | BLOG TOP |  » The Gift of Christmas. 言葉による、クリスマスの贈りもの。

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。