2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コーヒー おいしさの方程式」 セミナー

コーヒーおいしさの方程式 
昨日は、珈琲屋としての勉強会。
場所はバッハコーヒーのトレーニングセンターにて。
写真の「コーヒー おいしさの方程式」刊行記念のセミナーです。

講師は著者の、カフェバッハ店主・田口護氏(Cafe Bach ブログ「HOT」)と
滋賀医科大学講師・旦部幸博氏(百珈苑 、百珈苑ブログ)のお二人です。 


田口護氏の元で焙煎技術を学び、現在もコーヒー全般学んでおりますので、
身びいきに取られかねませんが、コーヒーについてこれだけ広い視野で
将来を見据えて歩まれた方もそう多くはいらっしゃらないのではないでしょうか。
どの分野でもいえることでしょうが、その方の努力が、本当に必要としている人
たちのためなのかどうか…わかるものです。 
旦部氏には初めてお会いしましたが、科学者としての賜物があってこそな
のか、本業以外でもこれだけ深い知識をお持ちということに、ただ驚くばかり
です。 お二人ともGeneralist ゼネラリスト!。 
 
学び終わった頃感じたことは、「難しくてすぐには理解できないけれど、
わからないなりにも、わくわくして、結果的には前向きになれた」セミナー
でした。 私にとっては!。


「技術者と科学者」のお二方が書かれた本を読み、
ふと私は、私たち夫婦は何なんだろうと考えました。
私たちは、コーヒーを召し上がる方々に直接接している、
その役割をもっと理解しなくてはいけません。
私たちのやるべきことは、召し上がる方にとっておいしいと感じ、
喜んでいただけるよいコーヒーをお出しすること、そのことに尽きます。 
そして、それが私たちの喜びとなること。

生産者と消費国の焙煎屋が相互に行き来する時代です。
私たちのような焙煎屋は消費者の感想を一番聞いている存在ですから、
生産者に伝える必要があります。
それでこそ、よいコーヒー豆が生産され、よいコーヒーを口にすることが
出来るのです。

From Seed  to Cup (種子からカップまで)

どの分野でもSpecialistはいます。
私たちも、お客さまに届くまでの間の一旦を担えれば幸いと心より願って
います。そのためにもこれからも続く学びを大切に…。
(本当は勉強嫌いな私ですが





関連記事

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

「カフェを100年、続けるために」  «  | BLOG TOP |  » 台所のアボガドくんに変化が!。

プロフィール

Kaworu Tajima

Author:Kaworu Tajima
最終更新
TopPage…2015.6.9(火)
記事…5.9(土)

自家焙煎珈琲店です。
コーヒー豆の
豆売りと喫茶営業を
しています。

TEL03-3677-5223
東京都江戸川区瑞江3-16-3
定休日:日曜日,月曜日 他
営業時間:AM11:00~PM7:00


「コーヒーは生鮮食品」
こまめなお買い求めを
おすすめいたします。
皆様の“日々の珈琲”を
担わせていただける
ことを願って
店主は今日も焙煎
しています。

ふっくらと煎り上げた
新鮮なコーヒー豆は
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎りの
約15種類。
100gより50g単位で
販売しています。

カテゴリ

top page (3)
・お知らせ。(お休み+他) (48)
・珈琲豆取扱い銘柄。(+不定期焙煎) (78)
・店の特長:コーヒーや道具について。 (29)
・店の特長:当店のサービス あれこれ。 (15)
・珈琲の贈りもの。(+記念ボックス) (21)
・コーヒーの淹れ方教室について。 (2)
・自家製のお菓子。 (36)
・店からのお願い。 (1)
日々、店のこと。 (207)
日々のこと。 (466)
お店を出たら・・・。 (190)
ひとりごと。 (44)
うちの猫 みー。 (27)
友人の個展など。 (9)
Happy Birthday!. (30)
God is love. (41)
応援します、珈琲で!(災害に遭われた方々やボランティアの方へ〉 (14)
香り豊かに・・・。 (96)
お花&野菜たち。 (61)
うちのみー&金魚。 (34)
与えられたもの。 (3)
Happy Birthday! (61)
たずね人(?)・・・あなたかも。 (7)
God is Love (51)
Masahikoのコーナー。 (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。